最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

  • 同じ勉強をしていて、なぜ差がつくのか?「自分の頭で考える子」に変わる10のマジックワード

  • 著者: 石田 勝紀
  • ナレーター: 那須 恭祐
  • 再生時間: 3 時間 21 分
  • カテゴリー: 政治学・社会科学, 哲学
  • 4.0 out of 5 stars (3件のカスタマーレビュー)

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

本タイトルには付属資料・PDFが用意されています。ご購入後、デスクトップのライブラリー、またはアプリ上の「目次」でご確認ください。(アプリバージョン:Android 2.40以上、iOS 3.11以上)

内容紹介

驚異の265万PV!「東洋経済オンライン」で大反響を呼んだ記事が本になりました
「同じ学校で同じ授業を受けていて、同じ勉強をしているのに、
なぜあの子はできて、うちの子は……?」
そう思ったことはありませんか?

著者がこの謎について「東洋経済オンライン」の連載に書いたところ
(「同じ勉強をしていて差がつく『本質的な理由』〜できる子とあと一歩の子の意外と大きい違い」)、
その記事は120回の連載の中で、過去最高の反響が得られたそうです(265万PV)。

これまで、著者が3,500人以上の生徒を直接指導し、
さらに東京大学大学院で通算6年以上、周囲の東大生にヒアリングした結果、
明らかになったこととは……

実は、 「できる子はつねに学んでいる」 のです。
表面的な授業時間だけで差がついているわけではありません。

では、その「できる子の習慣」を身につけるには?
本書では、その方法の1つとして、
どんな親でも簡単にできる 「10のマジックワード」 を紹介していきます。
10の「問いかける」言葉の力で、子どもの頭脳のスペックを引き上げることができるのです。

ぜひ、10のマジックワードを手に入れ、子ども(あるいは部下)に問いかけてみてください。
「問いかけ」だけで、子ども(部下)は変わります。

●「頭脳のOS」をバージョンアップする「10のマジックワード」
1「なぜだろう」?
2「どう思う」?
3「どうしたらいい」?
4「要するに」?
5「たとえば、どういうこと」?
6「楽しむには」?
7「何のため」?
8「そもそも、どういうこと」?
9「もし〜どうする(どうなる)?」
10「本当だろうか」?
©2020 Katsunori Ishida (P)2020 Discover 21, Inc.

同じ著者・ナレーターの作品

同じ勉強をしていて、なぜ差がつくのか?「自分の頭で考える子」に変わる10のマジックワードに寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    1
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ナレーション
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    1
  • 星4つ
    2
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ストーリー
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    1
  • 星4つ
    2
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

並べ替え:
絞り込み:
  • 総合評価
    4 out of 5 stars
  • ナレーション
    4 out of 5 stars
  • ストーリー
    4 out of 5 stars
  • テルキ
  • 2020/11/17

なんだか聞いたことあるような無いような話

「なぜ?」などの10個のワードが紹介されています。 ネットの記事を多く書かれてるらしいのでおそらくググればネットで出てきます。 全体的に例え話がクソです、分かりにくくしてる上に誤解を生みそう。 育児本として見ると手軽で実践しやすい内容に感じるが、ほぼ科学的な検証や統計データなどが示されていないので眉唾に感じるかもしれません。自分の体験と3500人を見てきた経験を根拠にしているだけと言えば、それだけです。 「AI vs. 教科書が読めない子どもたち」という本と一緒に読むと面白いです。Audibleにもあります。 「同じ勉強〜」がアンサー本になっています。 本書に「頭が良くても本人の幸せには寄与しない」とあります、印象的でした

  • 総合評価
    3 out of 5 stars
  • ナレーション
    4 out of 5 stars
  • ストーリー
    4 out of 5 stars
  • はな
  • 2020/05/04

自分にも子供にも

楽しく学ぶ方法として日常で実践したいです。子供は発達障害があり、家で勉強を一緒にしていても、私が怒ってしまい、やり方を変えたいと思い、色々な本を読む中で、出逢いました。私自身に問いかけ、子供と一緒に考えて、親子の関係を見直しながら、学びは楽しいと感じて貰えるように頑張りたいです。