最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

人間の分際

著者: 曽野 綾子
ナレーター: 中村 悦子
再生時間: 4 時間 56 分
カテゴリー: エッセー・自伝
4 out of 5 stars (9件のカスタマーレビュー)

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説


スポーツの世界では「努力すれば必ず報いられる」などという美談が溢れている。
 

しかし著者の八十余年の体験によれば、いくら努力してもダメなことは実に多いという。 
 

つまり努力でなしうることには限度があり、人間はその分際(身の程)を心得ない限り、 決して幸せには暮らせないのだ。
 

「すべてのものには分際がある」「老いと死がなければ、人間は謙虚になれない」 

「誰でも人生の終盤は負け戦」「他人を傷つけずに生きることはできない」 

「『流される』ことも一つの美学」「老年ほど勇気を必要とする時はない」等々、

作家として六十年以上、世の中をみてきた著者の知恵を凝縮した一冊。  

第一章 人間には「分際」がある 

           人間には変えられない運命がある
そもそも人間は弱くて残酷で利己的である
卑怯でない者はいない
人生には祈るしかない時もある
寿命を延ばすことは正しい行為か……ほか
 

第二章 人生のほんとうの意味は苦しみの中にある
不幸のない家庭はない
人生は能力ではなく、気力で決まる
うまくいかない時は「別の道を行く運命だ」と考える
人間は死の前日でも生き直せる
生涯における幸福と不幸の量はたいてい同じ……ほか
 

第三章 人間関係の基本はぎくしゃくしたものである 
人は誤解される苦しみに耐えて一人前になる 
褒められてもけなされても人間性に変わりはない
誤解されても堂々と生きる 
誰からも嫌われていない人は一人もいない 
他人を傷つけずに生きることはできない……ほか  
 

第四章 大事なのは「見捨てない」ということ 
「許す」という行為は生きる目的になりうる
愛ほど腐りやすいものはない
愛は憎しみの変型である
人間の悲しさを知ることから愛が生まれる……ほか


第五章 幸せは凡庸の中にある
見た目と幸福感は一致しない
「もっとほしい」という欲望が不幸を招く
人に何かを与えることが幸福の秘訣
モノがあふれていると精神が病む
感謝することが多い人ほど幸せになる……ほか

第六章 一度きりの人生をおもしろく生きる
「人並み」を追い求めると不幸になる
話のおもしろい人は、人より多くの苦労をしている
他人の評価にすがる人は永遠に満たされない
報復すると人生が台無しになる……ほか

第七章 老年ほど勇気を必要とする時はない
老いと死がなければ、人間は謙虚になれない
誰でも人生の終盤は負け戦
昨日できたことが今日できなくとも、静かに受け入れる
人間の一生は苦しい孤独な戦いである
満ち足りて死ぬための準備……ほか

©曽野綾子、幻冬舎 (P)2018 Audible, Inc.

カスタマーレビュー

総合評価

  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    3
  • 星4つ
    3
  • 星3つ
    2
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    0

ナレーション

  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    3
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ストーリー

  • 3.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    1
  • 星4つ
    2
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。