最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

*本タイトルは、音声差し替え修正済みです。(2021年4月2日更新) 

本タイトルには付属資料・PDFが用意されています。ご購入後、デスクトップのライブラリー、またはアプリ上の「目次」でご確認ください。(アプリバージョン:Android 2.40以上、iOS 3.11以上)

【内容紹介】
 

ビジネスはその歴史的使命をすでに終えているのではないか?
 

これが、本書の執筆のきっかけとなった筆者の疑問です。

 

そして、このような結論を導き出します。答えはイエス。ビジネスはその歴史的使命を終えつつある。

 

さらに、21世紀を生きる私たちの課せられた仕事は、過去のノスタルジーに引きずられて終了しつつある「経済成長」というゲームに不毛な延命・蘇生措置を施すことではないといいます。では、私たちは現状をどのように受け止めた上で、未来に向けた第一歩を踏み出すべきなのでしょうか。

 

その答えとして筆者は、4つのサマリーを掲げます。
 

1.私たちの社会は、明るく開けた「高原社会」へと軟着陸しつつある
 

2.高原社会での課題は「エコノミーにヒューマニティを回復させる」こと
 

3.実現のカギとなるのが「人間性に根ざした衝動」に基づいた労働と消費
 

4.実現のためには教育・福祉・税制等の社会基盤のアップデートが求められる

 

筆者は、資本主義の過去、現在、未来を冷静に分析し、人間が人間らしく生きるために本当に必要とされるべきは、どのような「社会システム」であるべきなのかを真剣に考え続け、同書を書き上げました。
 

これは、それらを実現するために、私たちは何をすべきなのかを問うた、これまでにない「資本主義」論です。

 

【目次抜粋】
 

はじめに
 

第一章 私たちはどこにいるのか?
 

第二章 私たちはどこに向かうのか?
 

第三章 私たちは何をするのか?
 

補論
 

終わりに

©山口 周 (P)2020 Audible,Inc.

ビジネスの未来 エコノミーにヒューマニティを取り戻すに寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    26
  • 星4つ
    7
  • 星3つ
    2
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    1
ナレーション
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    24
  • 星4つ
    6
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ストーリー
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    21
  • 星4つ
    5
  • 星3つ
    2
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

並べ替え:
絞り込み:
  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • Amazon カスタマー
  • 2021/03/21

素晴らしい

生き方の価値観を見直す良いきっかけになりました。
表現や解説の分量もちょうど良く、一気に読み終わりました

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    4 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • yasu
  • 2021/04/29

経営者に聞いてもらいたい

本当に幸せなのか?真に幸せと思う事はなにか。
考えさせられる一冊だと思います。

これからを考える人におすすめします。
このような思考を取り入れている事は無駄じゃない。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • 匿名
  • 2021/05/21

資本主義をハックしようぜ!

とりあえずみんなで、
資本主義をハックしちゃおうぜ!

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • ヒデ
  • 2021/05/16

高い視座からものを見る経験が得られる本

高い視座からものを見る、とはこういうことを言うのだろう。
結論として筆者の理想とする「社会民主主義」への賛否はともかく、こういう視点で世界や世の中を見る目を持つことは、迷走する現代社会を生きる上でとても大切なことだと思う。