Amazonプライム会員限定、3か月無料キャンペーン中

Audible会員プラン 無料体験

2022年7月25日までAmazonプライム会員限定で3か月無料キャンペーン中(プライム会員以外の方は30日間無料)。詳細はこちら。をご確認ください
会員は、12万以上の対象作品が聴き放題、オフライン再生可能
プロの声優や俳優の朗読で楽しめる
Audibleでしか聴けない本やポッドキャストも多数
無料体験終了後は月会費1,500円。いつでも退会できます。
¥ 3,500 で購入

¥ 3,500 で購入

下4桁がのクレジットカードで支払う
ボタンを押すと、Audibleの利用規約およびAmazonのプライバシー規約同意したものとみなされます。支払方法および返品等についてはこちら

あらすじ・解説

「今はまちがった時間です。あなたは今ここにいてはいけないのです」しかし綿谷ノボルによってもたらされた深い切り傷のような痛みが僕を追いたてた。僕は手をのばして彼を押し退けた。「あなたのためです」と顔のない男は僕の背後から言った。「そこから先に進むと、もうあとに戻ることはできません。それでもいいのですか?」(本文より)
©Harukimurakami Archival Labyrinth 1994 (P)2022 Audible, Inc.

ねじまき鳥クロニクル ―第2部 予言する鳥編―に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    119
  • 星4つ
    37
  • 星3つ
    13
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    1
ナレーション
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    109
  • 星4つ
    30
  • 星3つ
    8
  • 星2つ
    2
  • 星1つ
    2
ストーリー
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    101
  • 星4つ
    33
  • 星3つ
    13
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    3

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

並べ替え:
絞り込み:
  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • hsenya
  • 2022/06/13

ナレーション素晴らしい!

聞き始める前は、「藤木直人?…あぁ、あの"ザ・男前"役ばっかりやってるイケメンの人か」という印象でした。(すみません…)

が、聞きすすめるうちに前言撤回!
素晴らしい演技派俳優さんなのですね。微妙に絶妙な表現で、老若男女多数のキャラクターを見事に演じ分けています。
もう、「と、◯◯は言った。」という一文がなくても、どのキャラクターが言った言葉かこちらが自然とわかるようになりました。本当に魅了されています。

しばらく村上春樹作品をお休みしていましたが、この作品のおかげで再熱することができました。ありがとう!

是非、他の村上春樹長編も、藤木直人さんとこの監督さんのコンビにお願いできないかなぁ…

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • mami mama
  • 2022/06/09

面白い

ドキドキしながら聴き終えました
藤木さんのナレーションも益々物語の世界に馴染んでいるように感じました
第3巻も楽しみです

  • 総合評価
    3 out of 5 stars
  • ナレーション
    4 out of 5 stars
  • ストーリー
    3 out of 5 stars
  • 山田権座衛門
  • 2022/06/05

ノーベル賞候補?

おろしろいが、表現の冗長さは途中から耐え難くなる。
何故、ノーベル賞候補なのかさっぱり理解できない。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • 匿名
  • 2022/06/05

只々嬉しいです。

村上春樹さんの作品が聞けるだけでも嬉しいです。
藤木さんのナレーションも個人的には、最高だと思ってます。海辺のカフカとかもやって頂きたい。
只々、ひたすら嬉しく、ひたすら聞いてます。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • 島袋充生
  • 2022/06/05

生活の新しい楽しみ

藤木直人さんの朗読、テンポ、音質、ピッチ秀逸でした。村上春樹の物語世界に新たな魅力を付け加えてくれています。日本のaudibleが、歴史の長い米国のaudible の魅力に近づきつつあると実感し嬉しく思います。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • まーつん
  • 2022/06/03

ドラマの「イッキ見」みたいに夢中で聴いた

第一部が良かったので、本リリース(約1か月後)を楽しみにしていた。藤木さんのナレーションで第一部の感覚が直ぐに戻ってきた。
そして、いわゆるドラマの「イッキ見」みたいに夢中で聴き、終始楽しんで聴了した。
第二部は独特の世界観が更に深まって、哲学的・文学的なのに、すんなり入って来るのがたまらなかった。
小説で倍速は避けたいところだが、次を求める自分に勝てずに倍速で聴いた。2倍速ならギリギリ世界観を損なわなかった。(テンポがよくなって聴きやすくなったかも・・)

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • omlythe
  • 2022/06/02

時間と死と感覚と

「生きている」が当たり前の日常において忘れがちの概念がつまった一冊。

ことあるたびに「死」に結び付けて考える笠原メイ
「感覚」が人間離れしている加納クレタ
そして「時間」の流れで自己を見つめる主人公。
3人を中心としたストーリー展開。そして「謎の女」の正体をつかむ…

第1部よりファンタジーでカオス。リアルから多少距離のあるミステリアスな世界観だからこそ、主人公に移入して「己」を考えてしまう。

【余談】
3.5倍速でも理解しやすい。
そのわけは
・メインキャラが主人公+数名の謎めいた女性
・ほとんど舞台が岡田邸近辺
といたってシンプルな構成だから。
このシンプルさにより、混沌としているが透明感のある独自の世界観を、音声でありありと感じることができる。

もし、藤木直人さんの読みがあわないときは、早めの速度で聴いてみては。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • Keepee
  • 2022/06/21

春樹ファンです

特に初期の一人称で書かれたものが好きです。Audibleで藤木直人さんが朗読と聞いたときは、「いや、そんなハンサムな主人公のイメージはまったくなかったけど」と戸惑いながら「まあ聴き放題だからいっか」で聞き始めました。最初の1-2章くらいまではこの小説の主人公の外見について考察してしまいましたが、気が付くと昔読んだ時のように本の内容に夢中になっていました。他のレビューにもあるように、特に間宮中尉の朗読は圧巻。藤木さんの俳優としての力量を見直し、ファンになりました。他のオーディブル作品によくある漢字の読み間違い等もなく(これ、大事!)作品の良さが損なわれることもありません。今まで春樹翻訳作品のオーディブル版のサンプルを聴いて「あ、これは聴き進められない」と購入しなかったのもあるのですが、これはイメージを損ねることがありませんでした。第3部のリリース、とっても楽しみです。

  • 総合評価
    4 out of 5 stars
  • ナレーション
    4 out of 5 stars
  • ストーリー
    4 out of 5 stars
  • チャタ
  • 2022/06/20

描写が細かい

さすが村上春樹。
描写がこれでもかというほど細かくてビックリする。一冊一冊はそんなに短くないのに吸い込まれるようにどんどん読める。

  • 総合評価
    1 out of 5 stars
  • ナレーション
    4 out of 5 stars
  • ストーリー
    1 out of 5 stars
  • ジェラトーニ
  • 2022/06/17

なんて退屈なまわりくどいデタラメ文章でしょう

結局何がいいたいのか、ただページ数をかせぐかのようなどうでもよい退屈な会話や想像にたまに下ネタを出してるだけというかんじで苦痛でしかありませんでした‥
村上春樹さんの作品は初めて拝聴させていただきましたが、想像力というものにも統一感というものにもなんか最初から最初まで無茶苦茶でした。
やっぱりネタがなくなってきたらこうなるのでしょうか。。
ノルウェーの森を映像でみたのも村上春樹さんの作品だったかと思うのですが、それもまたうーん、、という感じでした。
とりあえずこの作品は出る人出る人、ビシッとしていて丁寧な話し方をするのですが、無茶苦茶の一言です‥
我慢できずに半分くらいで毎晩の再生をやめて、クミコの行方を知ることを諦めました。。三巻目も読むことはありません。
全て個人的な意見です。