最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

本タイトルには付属資料・PDFが用意されています。ご購入後、デスクトップのライブラリー、またはアプリ上の「目次」でご確認ください。(アプリバージョン:Android 2.40以上、iOS 3.11以上)

余命宣告を受けた学生が、
 

”命をかけて”受けたいと願った伝説の授業の完全翻訳版!
 

--人は必ず死ぬ。だからこそ、どう生きるべきか
 

※本書の第1講、第8講~第15講、「死についての最終講義」は、
 

『「死」とは何か イェール大学で23年連続の人気講義〔日本縮約版〕』と同内容です。
 

第2講~第7講の追加に伴い、原書に従う形で一部を再編集しております。
 

©2019 Yasushi Shibata (P)2020 Audible, Inc.

「死」とは何か イェール大学で23年連続の人気講義 完全翻訳版に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 3.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    8
  • 星4つ
    12
  • 星3つ
    6
  • 星2つ
    4
  • 星1つ
    3
ナレーション
  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    9
  • 星4つ
    14
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    2
ストーリー
  • 3.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    4
  • 星4つ
    10
  • 星3つ
    4
  • 星2つ
    5
  • 星1つ
    3

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

並べ替え:
絞り込み:
  • 総合評価
    4 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    4 out of 5 stars
  • おたく
  • 2021/02/05

中心的なテーマがなく、雑多な印象を受けた

死にまつわるテーマを哲学の観点から語る内容だったが、著者が身体説の信奉者であり魂説いう以外、また死というテーマであるという以外にまとまったテーマがなく、雑多な印象を受けた。audibleで聴くには枝葉が多く、今何を伝えたいのかというのが分からないまま聴くことにってしまった。
とはいえ、死にまつわる話題に哲学者がここまで深く、かつ一般向けに突っ込む本もそこまでないと思うので、貴重な本であると感じた。

  • 総合評価
    2 out of 5 stars
  • ナレーション
    3 out of 5 stars
  • ストーリー
    2 out of 5 stars
  • MD
  • 2021/03/14

眠くなります。

既視感のある論法で、退屈に感じました。運転中には聞かない方がよい。
30年前の養老孟司による「唯脳論」の方が、よほど刺激的でした。

  • 総合評価
    1 out of 5 stars
  • ナレーション
    4 out of 5 stars
  • ストーリー
    1 out of 5 stars
  • よしお雪月花
  • 2021/03/06

考察が雑

形而上学として、著者が死を考えていくがその過程の多くが言葉遊びに思え、
また単語の定義が曖昧なまま進んでいくように感じ、結論に至る前に断念。
元の言語だと、少し違うのかもしれない。

  • 総合評価
    3 out of 5 stars
  • ナレーション
    4 out of 5 stars
  • ストーリー
    2 out of 5 stars
  • ミナミ
  • 2021/03/29

前置きとお断りが長い

断言できない的なお断りが高頻度で出てきます。もうちょい頻度を少なくしても問題無しです。
要約も2回3回も要らないです。

とにかく、まどろっこしい。