Showing titles (評論・対談)

カテゴリー

検索結果:295件
並べ替え:
    • 世界を変えた10冊の本

    • 著者: 池上 彰
    • ナレーター: 早川 諄
    • 再生時間: 7 時間 4 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 41
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 32
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 32

     何かと話題の『アンネの日記』、『コーラン』『種の起源』、ケインズ、フリードマンの経済書まで。 『聖書』の基礎を知ることで見えてくる歴史の流れとは? 

    • 5 out of 5 stars
    • とてもためになる本!

    • 投稿者: titan87 日付: 2018/12/10

    価格: ¥ 3,100

    • 悩みどころと逃げどころ

    • (小学館)
    • 著者: ちきりん, 梅原 大吾
    • ナレーター: 野崎 千華, 檜山 尚人
    • 再生時間: 4 時間 19 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 26
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 26
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 26

    月間200万ページビューの社会派ブロガーちきりん氏と、世界一のプロゲーマー梅原大吾氏の異色人生対談。

    立ち位置も考え方もまったく違う二人が、足かけ4年、100時間にもわたって語り合い、考え抜いた人生談義。

    学校で真面目に勉強してきたのに競争社会で行き詰まっている人、やりたいことが見つからなくて悩んでいる人必読! 

    今日から人生が変わります!

    • 5 out of 5 stars
    • オーディオブックの魅力が光る1冊

    • 投稿者: ぶるどっぐ 日付: 2018/11/02

    価格: ¥ 2,500

    • 後妻業

    • 著者: 黒川 博行
    • ナレーター: 前田 一世, 野々村 のん
    • 再生時間: 11 時間 10 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 37
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 36
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 34

     小説が現実を凌駕した、あの話題作がオーディオブック化!   

    • 4 out of 5 stars
    • パンチが強い

    • 投稿者: Amazon Customer 日付: 2018/11/01

    価格: ¥ 3,500

    • 中島ハルコはまだ懲りてない!

    • 著者: 林 真理子
    • ナレーター: 大森 ゆき
    • 再生時間: 4 時間 39 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 18
    • ナレーション
      5 out of 5 stars 16
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 16

     天上天下唯我独尊! 日本一、傍若無人な女社長、中島ハルコがパワーアップして帰ってきた! 今回持ちこまれる相談事も、医者の息子の進路問題、歌舞伎役者の浮気、相続問題とさまざま。 

    • 4 out of 5 stars
    • 最初の回はなんか微妙だなーと思ったが

    • 投稿者: ひなりさ@すま留 日付: 2019/05/24

    価格: ¥ 2,500

    • News Picks 4本セット

    • 著者: NewsPicks編集部
    • 再生時間: 3 時間 59 分
    • 完全版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    こちらは複数の作品のセット商品です。

    価格: ¥ 4,000

    • 打ちのめされるようなすごい本

    • 著者: 米原 万里
    • ナレーター: 谷合 律子
    • 再生時間: 18 時間 49 分
    • 完全版
    • 総合評価
      5 out of 5 stars 9
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 9
    • ストーリー
      5 out of 5 stars 9

     「ああ、私が10人いれば、すべての療法を試してみるのに」。2006年に逝った著者が、がんと闘いつつ力をふり絞って執筆した「私の読書日記」(週刊文春連載)に加え、1995年から2005年まで10年間の全書評を収録した最初で最後の書評集。 

    • 5 out of 5 stars
    • がろん<br />

    • 投稿者: 匿名 日付: 2018/11/14

    価格: ¥ 4,000

    • 慶應MCC夕学セレクション 「話が通じない人の思考」

    • 著者: 養老 孟司
    • ナレーター: 養老 孟司
    • 再生時間: 1 時間 12 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 25
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 16
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 16

    独創的な考え方とは、むしろ誰にでもわかることでなくては意味がない。コミュニケーションの難しさ・大切さを「養老節」で語ります。(C)養老孟司、慶應丸の内シティキャンパス

    価格: ¥ 2,000

    • 文学の戦後と現在-三島由紀夫から村上春樹、村上龍まで

    • 著者: 吉本 隆明
    • ナレーター: 吉本 隆明
    • 再生時間: 3 時間 18 分
    • オリジナル版
    • 総合評価
      5 out of 5 stars 1
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    ※可能な限り音質向上を試みましたが、本作には聴きづらい箇所がございます。音源の歴史的価値を考慮して配信しておりますこと、予めご了承ください。

    恒例で参加していた「近代文学館・夏の文学教室」 での講演。この年のテーマは「戦後50年の文学」。 講演日:1995年7月24日 主催:日本近代文学館 後援・読売新聞社 場所:有楽町・よみうりホール 収載書誌:朝日出版社『埴谷雄高・吉本隆明の世界』(1996年)

    (毎月第4水曜配信予定、全183巻)

    価格: ¥ 500

    • イノベーターズ・トーク 02 日本人にMBAは必要か

    • 著者: NewsPicks編集部
    • ナレーター: 玉塚 元一, 遠藤 功
    • 再生時間: 56 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 14
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 11
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 10

    独自の視点と卓越した才能を持ち、さまざまな分野の最前線で活躍するトップランナーたちが、時代を切り取るテーマについて語り合う連続企画「イノベーターズ・トーク」。
    第2回は、ローランド・ベルガー日本法人会長の遠藤功氏と、ローソン会長CEOの玉塚元一氏が「日本人にMBA(経営学修士)は必要か」をテーマに激論を交わす。 遠藤氏は外資系コンサルティングファームのトップを務め、「現場力」という概念を世に広めたことでも知られる。
    一方で、約10年間、早稲田大学ビジネススクールの教授を務めた。育成熱心な指導者として教え子からの評価も高かったが、徐々に大学組織やMBA制度そのものへの違和感を抱き始め、2016年に教授を退任した。
    昨年末には顛末を著書『結論を言おう、日本人にMBAはいらない』につづり、その赤裸々な内容は賛否両論の嵐を巻き起こした。
    対する玉塚氏は、「イノベーターズ・ライフ」でも語られたとおり、海外ビジネススクールに留学したことを契機に外資系企業に転職し、その後、経営者としての道を切り開いた。いわば「MBAの成功者」である。
    MBAという制度に、教授として、受講者として向き合った二人。日本人のキャリアを考える上で、MBAはどのような意味合いを持つのか。リーダーを育成する上で、ビジネススクールは有用なのか、そうでないのか。当事者の立場か

    価格: ¥ 1,000

    • 新潮読書クラブ 4本セット (1)

    • 著者: 瀧井 朝世 村田 沙耶香
    • 再生時間: 5 時間 21 分
    • 完全版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    こちらは複数の作品のセット商品です。

    価格: ¥ 4,000

    • ミステリーの書き方

    • 著者: 日本推理作家協会 編著
    • ナレーター: 橋本 英樹、中村 悦子
    • 再生時間: 18 時間 46 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 3
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 3
    • ストーリー
      3.5 out of 5 stars 3

     ミステリー最前線で活躍する作家43人が惜しげもなく披露する、極秘の執筆作法。 

    価格: ¥ 4,000

    • イノベーターズ・トーク 03 世界を変えるテクノロジー

    • 著者: NewsPicks編集部
    • ナレーター: 堀江 貴文, 落合 陽一
    • 再生時間: 52 分
    • オリジナル版
    • 総合評価
      4 out of 5 stars 29
    • ナレーション
      3.5 out of 5 stars 17
    • ストーリー
      4 out of 5 stars 18

    独自の視点と卓越した才能を持ち、さまざまな分野の最前線で活躍するトップランナーたちが、時代を切り取るテーマについて語り合う連続企画「イノベーターズ・トーク」。
第3回は、実業家の堀江貴文氏と、メディアアーティストの落合陽一氏が「世界を変えるテクノロジー」をテーマに語り合う。 堀江氏は日本のIT業界を黎明期から牽引し、現在もテクノロジーの観点から有望だとみなした数々のスタートアップへの支援を行なっている。一方の落合氏は人工知能をはじめとする、数々の最先端技術を応用したメディア表現を研究し、国内外から注目を集めている。 そんなテクノロジーの最先端にいる2人が、注目するテクノロジーとそこから派生するビジネスについて本音で語る。招待制イベント「NewsPicksカンファレンス」で実施され、大反響を巻き起こした対談の全模様を、Audible限定コンテンツでお届けする。

    • 2 out of 5 stars
    • 聞き取りにくい

    • 投稿者: Amazon カスタマー 日付: 2018/09/12

    価格: ¥ 1,000

    • 人生の転機

    • 著者: 長部 日出雄
    • ナレーター: 長部 日出雄
    • 再生時間: 55 分
    • 完全版
    • 総合評価
      3.5 out of 5 stars 3
    • ナレーション
      3 out of 5 stars 1
    • ストーリー
      3 out of 5 stars 1

    名だたる文筆家が登場する、文藝春秋の文化講演会。会社員を辞して体験した危機―「宙ぶらりんの自分はいったい何者であるか」全てを捨てて戻った津軽で、いかにして泥沼から抜け出したか。長部の腹の底から捻り出すような津軽弁には人を勇気づける力がある。(1988年9月14日 鳥取市民会館 菊池寛生誕百周年記念講演会より)
    ●名刺の裏っかわ ●あいでんてぃてぃ ●もうひとつの外国語 ●一生にいっぺん ●自分だけの看板 ●植物みたいなとこ 文藝春秋の文化講演会は、文学談や執筆秘話に人生論も交え、含蓄と味わい深い講演があなたの生き方に豊かさと彩りを添えます。

    価格: ¥ 1,000

    • 小説が生まれる時

    • 著者: 宮本 輝
    • ナレーター: 宮本 輝
    • 再生時間: 1 時間 6 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 9
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 6
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 7

    名だたる文筆家が登場する、文藝春秋の文化講演会。紆余曲折、波乱万丈の時代を経て文筆を志すようになったある日、師との出会いによって宮本輝は小説家としての人生を輝かせてゆく。冗談とも本気ともつかないニュアンス豊かな関西弁が会場に爆笑の渦を巻き起こす。(1993年 宮崎県 菊池寛生誕百周年記念講演会より)
    ●仕事は仕事や ●どうやって書くんやろ ●雨が降ったら ●生と死以外ないな ●ぎょうさんの星 ●心の中には 文藝春秋の文化講演会は、文学談や執筆秘話に人生論も交え、含蓄と味わい深い講演があなたの生き方に豊かさと彩りを添えます。

    価格: ¥ 1,000

    • イノベーターズ・トーク 01 新春大放談

    • 著者: NewsPicks編集部
    • ナレーター: 佐山 展生, 堀江 貴文, 楠木 健
    • 再生時間: 1 時間 28 分
    • オリジナル版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 9
    • ナレーション
      4 out of 5 stars 6
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 5

    堀江貴文氏×佐山展生氏×楠木建氏の「新春 大放談」──。
    堀江貴文氏はかつて経済メディア「NewsPicks」のコメント欄でインテグラル代表の佐山展生氏と一橋大学大学院教授の楠木建氏にかみついた。その後、2016年1月に行われたNewsPicksの座談会を契機に、すっかり3人は打ち解け、定期的に情報交換をする仲に。そんな3人が今回、1年ぶりに集結し、2016年に話題になった次の8テーマを議論した。
    「義務教育は必要か?」「新卒でいったん就職すべきか?」「解雇規制は緩和すべきか?」「働き方改革」「スモールIPOに意味はあるか?」「アデランスMBO」「寿命はどこまで延びるのか?」「2017年の個人的抱負」
    最初は若干、硬さが見られたものの、徐々に舌も滑らかになり、年代、立場、経験のまったく異なる3人の思考がぶつかり合う。白熱する議論からは、新しい時代のあり方が浮かび上がってくる。その模様を今回、Audible限定コンテンツでお届けする。
    ※次回は2017/3/15配信予定

    価格: ¥ 1,000

    • 宗教としての天皇制

    • 著者: 吉本 隆明
    • ナレーター: 吉本 隆明
    • 再生時間: 1 時間 12 分
    • オリジナル版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    ※可能な限り音質向上を試みましたが、本作には聴きづらい箇所がございます。音源の歴史的価値を考慮して配信しておりますこと、予めご了承ください。

    学習院大学の教室で行われた講演。主催者側が用意した演題は「国家の幻想と叛逆の論理」。「宗教としての天皇制」は吉本隆明が設定したテーマ。
    講演日:1970年5月16日
    主催:学習院大学土曜講座
    場所:学習院大学 教室
    収載書誌:中公文庫『語りの海1幻想としての国家』(1995年)、春秋社『〈信〉の構造PART2』(2004年)

    (毎月第4水曜配信予定、全183巻)

    価格: ¥ 500

    • 初夏の雑談

    • 著者: 遠藤 周作
    • ナレーター: 遠藤 周作
    • 再生時間: 53 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 9
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 9
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 9

    名だたる文筆家が登場する、文藝春秋の文化講演会。 狐狸庵先生の朴訥として親しみやすい雑談にはじまり『海と毒薬』の執筆動機とも思えるような自身の内面世界の話へ。幼少時代に抱いた劣等感の中に発見した「マイナスの中のプラス」。それは人が人として、生きる誇りを持つための処方箋。(1989年5月18日 秋田市文化会館ホール 菊池寛生誕百周年記念講演会より)
    ●自分の知らない自分の顔 ●肉の夢が苦しめる ●善意のマイナス ●愛も幾重に ●欠点にあるプラス ●絶対がない考え方 文藝春秋の文化講演会は、文学談や執筆秘話に人生論も交え、含蓄と味わい深い講演があなたの生き方に豊かさと彩りを添えます。

    • 4 out of 5 stars
    • なんか遠い先生みたい

    • 投稿者: いかりや 日付: 2018/05/27

    価格: ¥ 1,000

    • 漱石と司馬遼太郎の見た日本

    • 著者: 半藤 一利
    • ナレーター: 半藤 一利
    • 再生時間: 55 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4 out of 5 stars 8
    • ナレーション
      4 out of 5 stars 4
    • ストーリー
      3.5 out of 5 stars 4

    名だたる文筆家が登場する、文藝春秋の文化講演会。 司馬の晩年、遺言めいたひと言が漱石の〝憂い〟と交差する。「半藤君、この国はこのままでは滅びてしまうネ」 「まだ間に合うと思うんだ、だから…」(2000年 秋田県能代市文化会館ホール 演原題「夏目漱石と司馬遼太郎」より)
    ●我々の幸福 ●紫の女 ●司馬さんの遺言 文藝春秋の文化講演会は、文学談や執筆秘話に人生論も交え、含蓄と味わい深い講演があなたの生き方に豊かさと彩りを添えます。

    価格: ¥ 1,000

    • 私の歩いてきた道

    • 著者: 逸見 政孝
    • ナレーター: 逸見 政孝
    • 再生時間: 1 時間
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 10
    • ナレーション
      5 out of 5 stars 9
    • ストーリー
      5 out of 5 stars 9

    名だたる文筆家が登場する、文藝春秋の文化講演会。 絶大な人気を誇った名アナウンサー逸見政孝が綴る、自身の半生記。浪人時代の失恋体験や報道現場の苦労などを語り、軽妙なトークで会場を爆笑の渦に包みつつも「思いやり」「努力」「勇気」に触れる、爽やかな一幕。(1989年6月25日 広島市安佐町民センター 菊池寛生誕百周年記念講演会より)
    ●人間らしくていいじゃないですか ●私どもはお神輿であります ●見返してやろうと思った ●言ってみれば人生っていう襖 文藝春秋の文化講演会は、文学談や執筆秘話に人生論も交え、含蓄と味わい深い講演があなたの生き方に豊かさと彩りを添えます。

    • 5 out of 5 stars
    • 逸見さん、素敵

    • 投稿者: ぽちむー 日付: 2018/04/17

    価格: ¥ 1,000

    • 雲丹海鞘海鼠問題

    • 著者: 椎名 誠
    • ナレーター: 椎名 誠
    • 再生時間: 55 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 3
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 3
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 3

    名だたる文筆家が登場する、文藝春秋の文化講演会。国が変われば、食べ物変わる。奇食を知れば、人が分かる?日本の生食文化から、中国とモンゴルの羊料理、オーストラリアの昆虫・爬虫類食など…。世界を食べ歩き、食に人の営みを見る。(1998年10月14日 一関市 文藝春秋講演会より)
    ●味の樹 ●羹に懲りて ●火が喰う ●命の木 文藝春秋の文化講演会は、文学談や執筆秘話に人生論も交え、含蓄と味わい深い講演があなたの生き方に豊かさと彩りを添えます。

    価格: ¥ 1,000

表示 件 / ページ
  • 1
  • 2
  • ...
  • 15