Audible会員プラン登録で、12万以上の対象タイトルが聴き放題。

  • 著者: 横光 利一
  • ナレーター: 和久 りか
  • 再生時間: 15 分
  • 4.4 out of 5 stars (5件のカスタマーレビュー)

Audible会員プラン 無料体験

会員は、12万以上の対象作品が聴き放題
アプリならオフライン再生可能
プロの声優や俳優の朗読も楽しめる
Audibleでしか聴けない本やポッドキャストも多数
無料体験終了後は月会費1,500円。いつでも退会できます
『蠅』のカバーアート

著者: 横光 利一
ナレーター: 和久 りか
30日間の無料体験を試す

無料体験終了後は月額¥1,500。いつでも退会できます。

¥500 で購入

¥500 で購入

下4桁がのクレジットカードで支払う
ボタンを押すと、Audibleの利用規約およびAmazonのプライバシー規約同意したものとみなされます。支払方法および返品等についてはこちら
activate_samplebutton_t1

あらすじ・解説

一匹の蝿の視点から見る人間の世界。国語の教材にもなった作品。
真夏の宿場で一匹の蝿が馬の背中に這い上がった。一人の農婦がやってきて、馬車はいつ出るかきく。
街に出た息子が死にかけていると知らせを受けたのだ。いつ馬車を出してくれるか農婦は泣き声できくが、
馭者は出るとだけ言い、いつ馬車を出すかは答えない。饅頭屋の店先で構わずずっと将棋を指している。
やがて若者と娘の二人連れがやってくる。娘は「知れたらどうしよう」と何か不安そうである。
宿場の場庭へ、母親に手を曳かれた男の子が入って来た。そして田舎紳士がやってきた。なかなか馬車は出ない。
馭者は饅頭が蒸し上がるのを待っていた。やっと馬車が出て、中で田舎紳士は饒舌に語り、男の子は外を見てる。
饅頭を食べた馭者は居眠りを始めた。
©2022 PanRolling

蠅に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    3
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ナレーション
  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    2
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ストーリー
  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    2
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

並べ替え:
絞り込み:
  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
Amazon カスタマーのプロフィール画像
  • Amazon カスタマー
  • 2023/01/24

蠅は嫌いだけど…

蠅視点で進むお話。
こういうシチュエーションのお話、好きです。
横光利一の作品はあまり馴染みがないけど、これは短いし聴きやすくて良かったです。

問題が発生しました。数分後にもう一度お試しください。

ありがとうございました。

あなたはこのレビューを報告しました!

  • 総合評価
    4 out of 5 stars
  • ナレーション
    4 out of 5 stars
  • ストーリー
    4 out of 5 stars
k.souのプロフィール画像
  • k.sou
  • 2023/03/17

だから蠅なのか

大きな複眼を持ち、自由に飛び回ることの出来る蠅ならではの視点。

短いのに、様々な要素がつめこまれた深い作品でした。

問題が発生しました。数分後にもう一度お試しください。

ありがとうございました。

あなたはこのレビューを報告しました!

  • 総合評価
    3 out of 5 stars
  • ナレーション
    3 out of 5 stars
  • ストーリー
    3 out of 5 stars
tkhshのプロフィール画像
  • tkhsh
  • 2023/10/18

ちょっと落ち込む


結局こうなるのか……と後味悪い思いでした。馭者はあまり良いところが無くて救えない気がします。

問題が発生しました。数分後にもう一度お試しください。

ありがとうございました。

あなたはこのレビューを報告しました!