最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

栗原一止は信州の私立病院で働く、悲しむことが苦手な内科医である。地域医療は厳しい。三日眠れないことも日常茶飯事。それでも仕事を続けるのは、患者を治すことが楽しいからだ。第十回小学館文庫小説賞受賞作。
©2011 Sosuke Natsukawa (P)2020 Audible, Inc.

神様のカルテに寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    9
  • 星4つ
    3
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ナレーション
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    8
  • 星4つ
    2
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ストーリー
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    8
  • 星4つ
    2
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

並べ替え:
絞り込み:
  • 総合評価
    3 out of 5 stars
  • ナレーション
    3 out of 5 stars
  • ストーリー
    4 out of 5 stars
  • 星長春
  • 2021/01/05

通勤時に聞き流すには害がなくて楽しめる

通勤時に聞き流すには害がなくて楽しめる。櫻井翔と宮崎あおい主演で映画化されている由。シリーズ物としての展開を期待させる内容。声色を変えてのナレーションは名人芸のようだが、主人公はトーンが低すぎて聞きづらい。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    4 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • ゆきむら
  • 2020/09/17

文章が素敵

言葉選びが素敵で、気持ちよく聞ける。
映像ではなく、本やオーディオブックならではの作品ですね。
ナレーションも良いのですが、男性には「はるさんの透明感のある声」の表現は無理がある。