最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇

ナレーター: 佐藤 充
再生時間: 5 時間 18 分
4.5 out of 5 stars (13件のカスタマーレビュー)
30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

あらすじ・解説

日本人に「自虐史観のアホらしさ」を気づかせてくれたのはアメリカ人だった……ベストセラー連発、日本人より日本文化を深く知っているケント・ギルバートの新境地! 中国や韓国と上手に付き合うには、まず「自己中心主義」の大本たる儒教の本質を知り、そして日本は儒教国家でないことを認識すべし!!

©ケント・ギルバート (P)2018 Audible, Inc.

カスタマーレビュー

総合評価

  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    9
  • 星4つ
    2
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    0

ナレーション

  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    8
  • 星4つ
    2
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    0

ストーリー

  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    7
  • 星4つ
    2
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    0
並べ替え:
  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • まさひげ
  • 2018/12/30

国によって儒教の意味・内容が違うことを<br />もっと多くの人が知った方が良いですね

中国・韓国の歴史は学校ではまともに教わることが無いので、自分で調べたり学ばなくてはいけません。
中国・韓国の歴史を知る・理解するのには、彼等がどのような思考回路を持っているのかがわかってからだと、比較的すんなりと理解できます。
儒教、朱子学、日本での感覚・意味合い、全然違いますからね。
この本はわかりやすいと思います