Audible会員プラン登録で、12万以上の対象タイトルが聴き放題。

  • 日本を喰う中国 - 「蝕む国」から身を守るための抗中論 -

  • 著者: 藤井 聡
  • ナレーター: 北口 聖
  • 再生時間: 5 時間 29 分
  • 完全版 オーディオブック
  • カテゴリー: 政治学・社会科学, 政治・政府
  • 4.4 out of 5 stars (7件のカスタマーレビュー)

Audible会員プラン 30日間無料体験

会員は、12万以上の対象作品が聴き放題
オフライン再生可能
プロの声優や俳優の朗読で楽しめる
Audibleでしか聴けない本やポッドキャストも多数
無料体験終了後は月会費1,500円。いつでも退会できます。
¥ 3,000 で購入

¥ 3,000 で購入

下4桁がのクレジットカードで支払う
ボタンを押すと、Audibleの利用規約およびAmazonのプライバシー規約同意したものとみなされます。支払方法および返品等についてはこちら

あらすじ・解説

本タイトルには付属資料・PDFが用意されています。ご購入後、デスクトップのライブラリー、またはアプリ上の「目次」でご確認ください。(アプリバージョン:Android 2.40以上、iOS 3.11以上)

私たち日本人が知らないところで、日本の領土・産業・精神が中国に蝕まれている――

 

世間が新型コロナウイルスに翻弄される中、尖閣諸島周辺に中国船が度々侵入するなど中国からの圧力が日々強まっています。

 

また、経済面でもかつて日本を代表していた企業が、いつの間にか中国資本の傘下に入るなど、もはや「日本は中国より上」という感覚は通用せず、静かに国家としての危機を迎えていると言えます。

 

こうした状況を踏まえ、本書では

 

●岸田内閣が掲げる経済安全保障政策の重要性
 

●天安門事件で中国を「救ってしまった」日本の黒歴史
 

●国の借金抑制は中国を利する理由

 

などを中心に、内閣官房参与経験者がすべての日本人に、中国から身を守るための「抗中論」を提言します。

 

【著者プロフィール】
 

藤井聡 (ふじい・さとし)
 

京都大学大学院工学研究科教授(都市社会工学専攻)。
 

専門は公共政策論。
 

著書に、『「自粛」と「緊縮」で日本は自滅する』(ビジネス社)、『令和版 公共事業が日本を救う 「コロナ禍」を乗り越えるために』(扶桑社)、共著に『感染列島強靭化論』(晶文社)などがある。
 

©藤井聡/ワニブックス (P)2022 Audible, Inc.

日本を喰う中国 - 「蝕む国」から身を守るための抗中論 -に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    4
  • 星4つ
    2
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ナレーション
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    4
  • 星4つ
    2
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ストーリー
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    4
  • 星4つ
    2
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。