会員特典 会員特典
  • 専用アプリでいつでもどこでも。
  • 20以上のジャンルが聴き放題。
  • 月1,500円の定額制サービス。
  • いつでも退会可能。

あらすじ・解説

カワバタは胃ガンであった。手術の直後から、数年前に死んだ息子が自分をどこかに導こうとする囁きが聞こえ出す。格差社会、DV、売春――思索はどこまでも広がり、深まり、それが死の準備などではなく、新たな生の発見へとつながってゆく。発表されるや各メディアから嵐のような絶賛を浴びた、衝撃の書。
©白石 一文 (P) 2017 Audible, Inc.

カスタマーレビュー

総合評価

  • 5つ星のうち4.8
  • 星5つ
    8
  • 星4つ
    2
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ナレーション

  • 5つ星のうち4.8
  • 星5つ
    7
  • 星4つ
    2
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ストーリー

  • 5つ星のうち4.5
  • 星5つ
    6
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    2
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
並べ替え:
  • 総合評価
  • ナレーション
  • ストーリー
  • シミ
  • 2017/12/20

聴く読書にハマりそう。

上下巻一気に聴きました。読む読書もいいですが、この朗読というのもとてもシンプルでいいなぁと思います。
効果音や、BGMがないことで、むしろその世界に入り込みやすと思います。実に素敵なラストシーンでした。

  • 総合評価
  • ナレーション
  • ストーリー
  • みたよ〜
  • 2018/01/09

読み応えありました

男性向けの読み応えのある小説です。サスペンス、政治、家庭問題、死生観、エロチックな点など様々な要素があるストーリー展開で飽きる事なく読み終わることができました。主人公が雑誌編集長の設定という事もありますが、ストーリーの中で展開させれる話から様々な知識を得ることもできます。ある意味勉強になりました。主人公の心の叫びともいえる言葉は共感を持てる点も多く、惹きつけられます。その後の生き方も続編で見てみたいものです。上巻のはじめからインパクトある話が始まります、雑誌編集長ってそんなに??