最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

「心に決めてたんです…わたし、郷さんの娼婦になるって」25年ぶりに出会った男と女。打算と情熱、わきあがる愛と悲しみ。奔流に押し流されるように逢瀬を重ねる二人。しかし・・・  第35回谷崎潤一郎賞を受賞。
(c)ことのは出版株式会社

同じ著者・ナレーターの作品

透光の樹に寄せられたリスナーの声

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。