大栗 博司
著者

大栗 博司

東京大学 カブリ数物連携宇宙研究機構機構長。カリフォルニア工科大学 フレッド・カブリ冠教授およびウォルター・バーク理論物理学研究所所長。アスペン物理学センター理事長。 京都大学大学院 修士課程卒業後、東京大学理学部助手、プリンストン高等研究所研究員を経て、1989年東京大学理学博士号。シカゴ大学助教授、京都大学 数理解析研究所助教授、カリフォルニア大学バークレイ校教授を歴任。2000年にカリフォルニア工科大学に移籍し、現在に至る。 紫綬褒章、アメリカ数学会 アイゼンバッド賞、米国サイモンズ賞、ドイツ連邦共和国フンボルト賞、ハンブルク賞、仁科記念賞、中日文化賞、韓国ベンジャミン・リー教授賞などを受賞。アメリカ芸術科学アカデミーとアメリカ数学会のフェロー。 ブルーバックス『大栗先生の超弦理論入門』ではに対し、講談社科学出版賞を受賞。科学監修を務めた3D映像作品『9次元からきた男』は、国際プラネタリウム協会最優秀作品賞を受賞。 ホームページ http://ooguri.caltech.edu/japanese YouTube チャンネル https://www.youtube.com/channel/UCqOgC99e3Hsq4EoybDuO_Lw ブログ http://planck.exblog.jp/
続きを読む 一部を表示

ベストセラー

作家さんですか?

この著者ページは、著者ご自身が「Amazon著者セントラル」から更新することができます。著者紹介文や写真の追加、作品一覧の更新など行っていただき、本著者ページの充実にご協力ください。