Audible会員プラン登録で、12万以上の対象タイトルが聴き放題。

  • 日本のユニコーンを探せ!(週刊東洋経済eビジネス新書No.274)

  • 著者: 週刊東洋経済編集部
  • ナレーター: 海老塚 久蔵
  • 再生時間: 1 時間 55 分
  • 3.3 out of 5 stars (4件のカスタマーレビュー)

Audible会員プラン 無料体験

会員は、12万以上の対象作品が聴き放題
アプリならオフライン再生可能
プロの声優や俳優の朗読も楽しめる
Audibleでしか聴けない本やポッドキャストも多数
無料体験終了後は月会費1,500円。いつでも退会できます
『日本のユニコーンを探せ!(週刊東洋経済eビジネス新書No.274)』のカバーアート

日本のユニコーンを探せ!(週刊東洋経済eビジネス新書No.274)

著者: 週刊東洋経済編集部
ナレーター: 海老塚 久蔵
30日間の無料体験を試す

無料体験終了後は月額¥1,500。いつでも退会できます。

¥1,000 で購入

¥1,000 で購入

下4桁がのクレジットカードで支払う
ボタンを押すと、Audibleの利用規約およびAmazonのプライバシー規約同意したものとみなされます。支払方法および返品等についてはこちら
activate_samplebutton_t1

あらすじ・解説

ベンチャー界では評価額が10億ドル以上の未公開企業を、幻の生き物である一角獣になぞらえて「ユニコーン企業」と呼ぶ。日本のユニコーン企業数は2018年6月時点で2社。上場したメルカリを除くと、プリファード・ネットワークス1社だけ。一方、世界のユニコーン企業数を見渡すと、米国が116社、中国71社とその差は圧倒的だ。米国では大型機関投資家が直接リスクマネーを供給しており、VC投資額は7兆円と日本の約50倍。日本のベンチャー市場の絶対額はまだまだ小さい。しかし、官製ファンドなどにより、ベンチャー市場にリスクマネーが流入。近年は、大企業もベンチャー投資に意欲を見せ、市場拡大に拍車をかける。活気あるベンチャー30社を紹介し、将来のユニコーンを探し出したい。

本誌は『週刊東洋経済』2018年7月14日号掲載の30ページ分を電子化したものです。
©東洋経済新報社 (P)2020 Audible, Inc.

日本のユニコーンを探せ!(週刊東洋経済eビジネス新書No.274)に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 3 out of 5 stars
  • 星5つ
    0
  • 星4つ
    3
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    1
ナレーション
  • 3 out of 5 stars
  • 星5つ
    0
  • 星4つ
    3
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    1
ストーリー
  • 3 out of 5 stars
  • 星5つ
    0
  • 星4つ
    3
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    1

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。