Audible会員プラン登録で、12万以上の対象タイトルが聴き放題。

  • 2050年の中国〈後編〉(週刊東洋経済eビジネス新書No.390)

  • 著者: 週刊東洋経済編集部
  • ナレーター: 中川 典
  • 再生時間: 2 時間 15 分
  • 3.8 out of 5 stars (12件のカスタマーレビュー)

Audible会員プラン 無料体験

会員は、12万以上の対象作品が聴き放題
アプリならオフライン再生可能
プロの声優や俳優の朗読も楽しめる
Audibleでしか聴けない本やポッドキャストも多数
無料体験終了後は月会費1,500円。いつでも退会できます
『2050年の中国〈後編〉(週刊東洋経済eビジネス新書No.390)』のカバーアート

2050年の中国〈後編〉(週刊東洋経済eビジネス新書No.390)

著者: 週刊東洋経済編集部
ナレーター: 中川 典
30日間の無料体験を試す

無料体験終了後は月額¥1,500。いつでも退会できます。

¥2,000 で購入

¥2,000 で購入

下4桁がのクレジットカードで支払う
ボタンを押すと、Audibleの利用規約およびAmazonのプライバシー規約同意したものとみなされます。支払方法および返品等についてはこちら
activate_samplebutton_t1

あらすじ・解説

2021年7月、中国共産党創立100周年を祝う祝賀大会の熱気に包まれた北京の天安門広場。習近平国家主席は1時間超にわたり演説した。習政権の最終目標は「もう1つの100年」である2049年の新中国建国100年にある。「社会主義現代化強国の建設」、「中華民族の偉大な復興」を果たすとしている。30年後の2050年には、中国はどのような国家の姿を見せるのか? その時、米国は、そして日本はどのように超大国・中国に向かい合っていくべきか? 世界の賢人のインタビューを交えながら、30年後の中国の姿を展望する。
(『週刊東洋経済』創刊7000号記念特集の後編)

本誌は『週刊東洋経済』2021年7月24日号掲載の24ページ分(後編)を電子化したものです。前編は本号とは別に発行しています。なお、情報は底本編集当時のものです。その後の経済や社会への影響は反映されていません。
©東洋経済新報社 (P)2022 Audible, Inc.

2050年の中国〈後編〉(週刊東洋経済eビジネス新書No.390)に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    3
  • 星4つ
    5
  • 星3つ
    3
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    1
ナレーション
  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    4
  • 星4つ
    5
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    1
ストーリー
  • 3.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    2
  • 星4つ
    5
  • 星3つ
    2
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    1

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。