Audible会員プラン登録で、12万以上の対象タイトルが聴き放題。

  • 台湾有事と日本の危機

  • 著者: 峯村 健司
  • ナレーター: デジタルボイス
  • 再生時間: 6 時間 35 分
  • 4.3 out of 5 stars (17件のカスタマーレビュー)

Audible会員プラン 無料体験

会員は、12万以上の対象作品が聴き放題
アプリならオフライン再生可能
プロの声優や俳優の朗読も楽しめる
Audibleでしか聴けない本やポッドキャストも多数
無料体験終了後は月会費1,500円。いつでも退会できます
『台湾有事と日本の危機』のカバーアート

台湾有事と日本の危機

著者: 峯村 健司
ナレーター: デジタルボイス
30日間の無料体験を試す

無料体験終了後は月額¥1,500。いつでも退会できます。

¥1,500 で購入

¥1,500 で購入

下4桁がのクレジットカードで支払う
ボタンを押すと、Audibleの利用規約およびAmazonのプライバシー規約同意したものとみなされます。支払方法および返品等についてはこちら
Background images

この作品は、デジタルボイスによる朗読を使用しています。

デジタルボイスは、オーディオブック用にコンピューター生成された朗読です。
activate_samplebutton_t1

あらすじ・解説

台湾有事の焦点は、アメリカ大統領選挙にある。「第2次トランプ政権」が中国に対して強硬になっても緊張緩和に向かっても、台湾をめぐる現状は崩れ、日本は厳しい情勢に追い込まれる。

2024年の「選挙イヤー」は、国際秩序を激変させるだろう。中でも第二次世界大戦後、80年近くにわたり奇跡的に平和を享受してきた日本が、最大の被害国になりかねない。その最大の引き金が、台湾有事なのだ。

一切の楽観を排し、軍事マニアの戦争ゲームとも一線を画した、徹頭徹尾「習近平の目線」による驚異のシミュレーション。

序章 台湾有事はもう始まっている
――最重要ターゲットは日本

第1章 「台湾統一」は習近平の「宿命」
――衝撃の有事シナリオ

第2章 中国はどのように台湾併合を目論んでいるのか
――習近平の"戦略ブレーン"が考える「新型統一戦争」をシミュレーション

第3章 先鋭化する米中対立
――東アジアの″火薬庫″はいつ爆発してもおかしくない

第4章 台湾有事で巻き込まれる日本
――次々と浮かび上がる日本の課題

第5章 習近平の「情報戦」に立ち向かえ
――周回遅れの日本

本タイトルには付属資料・PDFが用意されています。ご購入後、PCサイトのライブラリー、またはアプリ上の「目次」からご確認ください。

©Minemura Kenji

台湾有事と日本の危機に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    10
  • 星4つ
    4
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    2
  • 星1つ
    0
ナレーション
  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    7
  • 星4つ
    4
  • 星3つ
    3
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    2
ストーリー
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    10
  • 星4つ
    6
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

並べ替え:
絞り込み:
  • 総合評価
    4 out of 5 stars
  • ナレーション
    4 out of 5 stars
  • ストーリー
    4 out of 5 stars
元気・はつらつ農園のプロフィール画像
  • 元気・はつらつ農園
  • 2024/04/23

台湾有事は日本の有事

読んでて怖くてつい現実から目を逸らしたくなりました。シナリオが詳細で、いつあってもおかしくない気になって来ました。

問題が発生しました。数分後にもう一度お試しください。

ありがとうございました。

あなたはこのレビューを報告しました!

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
Kindleのお客様のプロフィール画像
  • Kindleのお客様
  • 2024/04/27

安倍総理の偉大さ

安倍総理を失った悲しさと日本の情けなさに泣けてきます。義務教育で読んでほしい。

問題が発生しました。数分後にもう一度お試しください。

ありがとうございました。

あなたはこのレビューを報告しました!

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    3 out of 5 stars
  • ストーリー
    4 out of 5 stars
Amazon カスタマーのプロフィール画像
  • Amazon カスタマー
  • 2024/05/06

勉強になりました

今考えうる最悪のシナリオは必ず自分で確認しておく
これは絶対に必要になることだとおもいます。

問題が発生しました。数分後にもう一度お試しください。

ありがとうございました。

あなたはこのレビューを報告しました!

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    4 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
momomo17のプロフィール画像
  • momomo17
  • 2024/06/18

防衛費増強だけでなく育成も充実させてほしい。

 峯村さんのお声のほうが好きなのですが、デジタルボイスもかなりのものです。デジタルボイスだからこそ、出版後速やかにオーディオブックにできたのでしょう。
 台湾有事は日本有事と言われて結構たちますが、現実の日本はほとんど進んでいないように思います。自衛隊の予算は少しは増えたようですが、優秀な自衛隊員をこれから増員するために、奨学金は本当に必要だと思います。そもそも、外国人留学生に返還しなくてよい奨学金をばらまくような無駄遣いはやめて、それを日本人の学生に回すべきだと思います。
 防衛大学のように給与は支払われなくとも、返還しなくてよい奨学金制度を、特に自衛隊員になる人には優遇するべきです。既に看護士や教師にはそういった制度があるのですから、これからは自衛隊員にも用意する必要があると思います。国防の基本は、他国から攻められるような隙を作らない事なので、現在はかなり絶望的ですが、これから少しでも改善される事を願っています。もしトラになったら、アメリカの言う通りの日本政府も、現在のバイデン政権の言う通りよりは少しはマシになるといいなあと思います。そのときの日本の総理が誰かが一番問題ではありますが。

問題が発生しました。数分後にもう一度お試しください。

ありがとうございました。

あなたはこのレビューを報告しました!

  • 総合評価
    2 out of 5 stars
  • ナレーション
    1 out of 5 stars
  • ストーリー
    4 out of 5 stars
Luminosaのプロフィール画像
  • Luminosa
  • 2024/04/21

人件費削減?

デジタルボイスさん、かなり流暢にお話しするんだけど、今ひとつ平板で内容が頭に入ってこないのよ。思いたっぷりに朗読する本じゃないにしてもメリハリが付くようになったら、声優の卵の仕事を奪いかねないポテンシャルはある。
なお、内容は最高にスリリング。
どうやって家族と日本を守るか、真剣に考えるきっかけにして頂きたい。

問題が発生しました。数分後にもう一度お試しください。

ありがとうございました。

あなたはこのレビューを報告しました!