Audible会員プラン登録で、12万以上の対象タイトルが聴き放題。

  • 冷血 下

  • 著者: 髙村 薫
  • ナレーター: 岡野浩介
  • 再生時間: 17 時間 16 分
  • 4.3 out of 5 stars (26件のカスタマーレビュー)

Amazonプライム会員限定

3か月無料

Audible会員プラン 無料体験
期間限定:2024年7月22日(日本時間)に終了
2024年7月22日までAmazonプライム会員限定で3か月無料体験キャンペーン開催中(プライム会員以外の方は30日間無料)。詳細はこちら
会員は12万以上の対象作品が聴き放題、アプリならオフライン再生可能。
Audibleでしか聴けない本やポッドキャストも多数。プロの声優や俳優の朗読も楽しめます。
無料体験終了後は月額¥1,500。いつでも退会できます。
『冷血 下』のカバーアート

冷血 下

著者: 髙村 薫
ナレーター: 岡野浩介
無料体験を試す

無料体験終了後は月額1,500円。いつでも退会できます

¥4,000 で購入

¥4,000 で購入

下4桁がのクレジットカードで支払う
ボタンを押すと、Audibleの利用規約およびAmazonのプライバシー規約同意したものとみなされます。支払方法および返品等についてはこちら

あらすじ・解説

2002年クリスマス前夜。東京郊外で発生した「医師一家殺人事件」。衝動のままATMを破壊し、通りすがりのコンビニを襲い、目についた住宅に侵入、一家殺害という凶行におよんだ犯人たち。彼らはいったいどういう人間か?何のために一家を殺害したのか?ひとつの事件をめぐり、幾層にも重なっていく事実。都市の外れに広がる<荒野>を前に、合田刑事は立ちすくむ― 人間存在の根源を問う、高村文学の金字塔!

「子どもを二人も殺した私ですが、生きよ、生きよという声が聞こえるのです」
二転三転する供述に翻弄される捜査陣。容疑者は犯行を認め、事件は容易に「解決」へ向かうと思われたが・・・・・・。合田刑事の葛藤を描く圧巻の最終章『個々の生、または死』収録。
©Kaoru Takamura 2012, Printed in Japan by Mainichi Shimbun Publishing Inc. (P). MEDIA DO Co.,Ltd.

冷血 下に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    18
  • 星4つ
    3
  • 星3つ
    2
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    2
ナレーション
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    22
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    1
ストーリー
  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    16
  • 星4つ
    3
  • 星3つ
    2
  • 星2つ
    2
  • 星1つ
    2

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

並べ替え:
絞り込み:
  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
LifeUnknownのプロフィール画像
  • LifeUnknown
  • 2023/06/22

人間の裏表が編み込まれている

長編ながら、上下巻ともに、途中で辞めることなどできず、聞き通した。

物語が進むほどに、人間そのものが内側から引っ張り出されてくるような、それも強制的ではなく、有機的に、構成物が並べ出されているような感覚になった。

人間の内面に潜む、本人すら気づかずにいる分離した構成要素が、個別に人格をもち、意思をもって、人生を作り出していくような異様さと共に、人間の本質を考えさせられる、そして自分の人生の構成要素を立ち止まって考え直させる機会を提示しているような壮大さにも包まれていた。

濃く、深く、泥臭く、人間の内側が剥がされていくような容赦のない描写に感服した。

凄い作品だと思う。

問題が発生しました。数分後にもう一度お試しください。

ありがとうございました。

あなたはこのレビューを報告しました!

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
Kindleユーザーのプロフィール画像
  • Kindleユーザー
  • 2023/04/23

素晴らしい

人間の描写の深みと作品全体を覆う静かさにずっと聞いていたいと思いました
犯罪への怒りや憎しみを超えて、人が生まれ成長して罪を犯して死んでいくことへの観察と洞察に他のミステリーでは描かれていない人生という時の流れへの哀切を感じました
ナレーションも落ち着いており、演じ分けも適度で大変聞きやすかったです

問題が発生しました。数分後にもう一度お試しください。

ありがとうございました。

あなたはこのレビューを報告しました!

  • 総合評価
    3 out of 5 stars
  • ナレーション
    2 out of 5 stars
  • ストーリー
    2 out of 5 stars
Amazon カスタマーのプロフィール画像
  • Amazon カスタマー
  • 2023/06/24

読み通したけれど。

以前、この作家の作品は長編で読むのを敬遠していたが聞く読書ならいけるかと思って聞きました。何とか聴き終えたけれど、ちょっと表層的な物語で残念。

問題が発生しました。数分後にもう一度お試しください。

ありがとうございました。

あなたはこのレビューを報告しました!

  • 総合評価
    1 out of 5 stars
  • ナレーション
    3 out of 5 stars
  • ストーリー
    1 out of 5 stars
堀井 睦のプロフィール画像
  • 堀井 睦
  • 2023/06/13

フィクションで描けると思った作者に腹立たしい

カポーティの「冷血」から発想したのだろうと思われるけれど、描かれたものの違いに愕然とする。
ここに描かれたものは茶番だ。
なぜなら、こんな犯罪者は空想で描けるはずがないのだ。
カポーティ氏は、心血注ぎ、犯人の心情を理解したいと思い、6年もの間犯人に寄り添い、でもおそらくは理解できずに、自分の見聞きしたものを淡々んと小説にしたのだろう。佐木隆三の「復讐するはわれにあり」や「身分帳」も、空想で描ける世界ではないはず。
さらに許し難いのは、犯人の井上克美を双極性障害であろうと仄めかしながら描いていること。そんな精神疾患をベースに置いて、どうやって犯罪の背景にある心理を探ろうと言うのか?異常性は精神疾患のせいであるとしてしまったら、犯罪者の心理を見つめることに何の意義があるのか?
百歩譲って娯楽小説なのだから、と考えたら、こんな冗長な取り調べや裁判の過程を、大した思惑もなく描いたのでは娯楽にもならないだろう。
もう一生髙村薫さんは読まない(聞かない)かも、と思う。

問題が発生しました。数分後にもう一度お試しください。

ありがとうございました。

あなたはこのレビューを報告しました!

  • 総合評価
    2 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    2 out of 5 stars
匿名のプロフィール画像
  • 匿名
  • 2023/05/25

このタイトルはカポーティ氏に失礼です

近年の、道徳感覚を持たない人々、その場の勢いだけで愚かな行動をする人々を描いた作品としては、意義あるものかもしれません。
しかし一編の小説としては、個人的に退屈でした。
愚かな犯罪者が何故存在するのかと言う部分にもう少し、例え批判を受ける可能性があるとしても、現代に一石を投じる覚悟で肉薄してこそ
『冷血』と言うタイトルが値するのではないでしょうか。
カポーティ氏が文字通り心血を注ぎ、燃え尽きてその後に1作も書け無くなったと言う『冷血』。
そのタイトル敢えてを使うのならば、この内容では上滑り感が拭えなく思います。

問題が発生しました。数分後にもう一度お試しください。

ありがとうございました。

あなたはこのレビューを報告しました!