Audible会員プラン登録で、12万以上の対象タイトルが聴き放題。

  • パンとペンの事件簿

  • 著者: 柳 広司
  • ナレーター: 岡部 たかし
  • 再生時間: 6 時間 42 分
  • 4.5 out of 5 stars (211件のカスタマーレビュー)

Amazonプライム会員限定

3か月無料

Audible会員プラン 無料体験
期間限定:2024年7月22日(日本時間)に終了
2024年7月22日までAmazonプライム会員限定で3か月無料体験キャンペーン開催中(プライム会員以外の方は30日間無料)。詳細はこちら
会員は12万以上の対象作品が聴き放題、アプリならオフライン再生可能。
Audibleでしか聴けない本やポッドキャストも多数。プロの声優や俳優の朗読も楽しめます。
無料体験終了後は月額¥1,500。いつでも退会できます。
『パンとペンの事件簿』のカバーアート

パンとペンの事件簿

著者: 柳 広司
ナレーター: 岡部 たかし
無料体験を試す

無料体験終了後は月額1,500円。いつでも退会できます

¥3,000 で購入

¥3,000 で購入

下4桁がのクレジットカードで支払う
ボタンを押すと、Audibleの利用規約およびAmazonのプライバシー規約同意したものとみなされます。支払方法および返品等についてはこちら

【特別動画】岡部たかしさんインタビュー

0:00

あらすじ・解説

1910年、刑期を終えて出獄した堺利彦が、ある団体の設立を宣言する。その名も「売文社」。無実の罪で極悪人と謗られ、まともな職に就くことができない社会主義者たちのために創られた、文章制作を請け負う新会社だ。社の理念は「パンとペン」。新聞雑誌の原稿に、慶弔文、翻訳、手紙の代筆など。売文社は生活費のパンを得るためなら、ペンで解決できるあらゆる問題を引き受ける。ひょんなことから売文社一味と行動を共にするようになった“ぼく” は、社に舞い込む奇妙な依頼や謎を一緒に解決することになるが――。世の不条理にユーモアで立ち向かった実在の人々をモチーフに描く、傑作連作短編ミステリー。
©KOJI YANAGI, GENTOSHA 2024 (P)2024 Audible Originals, LLC

パンとペンの事件簿に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    150
  • 星4つ
    39
  • 星3つ
    13
  • 星2つ
    6
  • 星1つ
    3
ナレーション
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    164
  • 星4つ
    26
  • 星3つ
    10
  • 星2つ
    6
  • 星1つ
    2
ストーリー
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    141
  • 星4つ
    40
  • 星3つ
    15
  • 星2つ
    8
  • 星1つ
    4

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

並べ替え:
絞り込み:
  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
Amazon カスタマーのプロフィール画像
  • Amazon カスタマー
  • 2024/06/29

たのしい社会主義運動!?

こんなに面白いパロディ小説があったのかと驚いた。核心には幸徳秋水が大逆事件で獄死したことが秘められているのだが登場人物たちは悲愴に陥らず官権を笑い飛ばしながら生きている。著者の筆はときに饒舌を撒き散らし聞き手を楽しませてくれる。美は乱調にあり、なんて関係してたかしら?パンとペンも秀逸だ。サルトルに由来しているだろう。続編を楽しみにしている。

問題が発生しました。数分後にもう一度お試しください。

ありがとうございました。

あなたはこのレビューを報告しました!

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
Ju.のプロフィール画像
  • Ju.
  • 2024/07/04

社会主義万歳

おおっぴらにはそう言えない世の中になってしまっている点では現代の日本も似たようなものかもしれない。
戦前の日本では「戦争反対」を掲げた共産主義者たちが拷問を受けたうえで亡くなったりしていた(小林多喜二さんなど)。
現代では声をあげただけで逮捕されることはない。
でも行きすぎた資本主義の結果、社会保障も削られ続け、経済格差だけでなくさまざまな分断社会もうんでしまっているのは事実かと。
資本主義を信じて疑わなくなると全てが自己責任の社会になってしまう。
そんな世の中息苦しいと少しでも違和感があるかたには是非ともお勧めできる作品だと思います。

問題が発生しました。数分後にもう一度お試しください。

ありがとうございました。

あなたはこのレビューを報告しました!

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    4 out of 5 stars
ひょんさまのプロフィール画像
  • ひょんさま
  • 2024/07/03

岡部さんの語り

語り手がやはり素晴らしかったです。ストーリーに引き込まれました。

問題が発生しました。数分後にもう一度お試しください。

ありがとうございました。

あなたはこのレビューを報告しました!

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
ブルーのさんのプロフィール画像
  • ブルーのさん
  • 2024/07/05

軽妙なストーリーとナレーション

柳広司の反骨精神のエンタメ化を岡部たかしが具現化した絶妙な作品

問題が発生しました。数分後にもう一度お試しください。

ありがとうございました。

あなたはこのレビューを報告しました!

  • 総合評価
    4 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    4 out of 5 stars
曇歌のプロフィール画像
  • 曇歌
  • 2024/07/06

ナレーションが素晴らしい

内容もそうですが、ナレーションがとても素晴らしいです♪ 楽しみました!

問題が発生しました。数分後にもう一度お試しください。

ありがとうございました。

あなたはこのレビューを報告しました!

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
らべるのプロフィール画像
  • らべる
  • 2024/06/28

岡部さんのナレーションが素晴らしい

岡部さんのナレーションが、本の内容の面白さを更に引き立てて、感動しました。
岡部さんの朗読なら聴いてみたいと思って、この本を聴き始めたところ、人物ごとよ声色の使い分けなど素晴らしく、ストーリーの面白さも相まって、あっという間に聴き終わりました。また岡部さんのナレーションで他の本を聴いてみたいです。

問題が発生しました。数分後にもう一度お試しください。

ありがとうございました。

あなたはこのレビューを報告しました!

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
匿名のプロフィール画像
  • 匿名
  • 2024/07/02

すごーく面白かった!

続きを読むのが待ち遠しく、毎日楽しかった。魅力的なキャラクター、世界観をよく表しているナレーション、第2巻があればいいな。

問題が発生しました。数分後にもう一度お試しください。

ありがとうございました。

あなたはこのレビューを報告しました!

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
SHUSHUのプロフィール画像
  • SHUSHU
  • 2024/07/03

知らなかった事を知るのは面白い

史実を織り交ぜているので、とても興味深かった。
20世紀頃の日本社会を垣間見た気がする。
日清戦争後の好景気、日露戦争後の不満、第一次世界大戦での身勝手な帝国主義、泥臭い社会の中で正道から逸れた国に反旗を翻す人々の表身はささやかな戦い。
その術は、ペン。
信念に基づいて小技の効いた文の執筆活動を書き綴るってかっこいいと思った。

続きが気になる。
是非聴きたい。

問題が発生しました。数分後にもう一度お試しください。

ありがとうございました。

あなたはこのレビューを報告しました!

  • 総合評価
    4 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
やっぴーのプロフィール画像
  • やっぴー
  • 2024/07/05

現在の社会主義者や共産主義者必読の書

現在でも社会党や共産党に肩入れしている人々…主に団塊の世代が戦後の社会状況下で吹き込まれた事柄に対するノスタルジーに大変上手に答えられる作品。
ただ、現実の社会・共産主義国家のあり様から考えると、これがが如何に空想的なモノか?それらの国家に所属する国民の悲惨さを目の当たりにすると、苦しさだけが残る。

問題が発生しました。数分後にもう一度お試しください。

ありがとうございました。

あなたはこのレビューを報告しました!

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
H.Sのプロフィール画像
  • H.S
  • 2024/07/05

面白かったです

ナレーションが上手でAudibleの中では(聞き流しでなく)聴き込みました。内容(根底は真面目)、描写センス、ユーモアも、期待以上でした。

問題が発生しました。数分後にもう一度お試しください。

ありがとうございました。

あなたはこのレビューを報告しました!