最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

とある飛空士への誓約1(ガガガ文庫)

(小学館)
著者: 犬村 小六
再生時間: 9 時間 7 分
5 out of 5 stars (2件のカスタマーレビュー)

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

故郷を破壊された少年は、「空の一族」を滅ぼすために飛空士を目指した――。空戦ファンタジーの金字塔! 「飛空士」新シリーズ、史上空前の規模でついに始動!! 七人の少年少女が織りなす、恋と空戦の物語。
©Koroku Inumura 2013 (P)小学館

カスタマーレビュー

総合評価

  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    2
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ナレーション

  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    2
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ストーリー

  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    1
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

並べ替え:
絞り込み:
  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • 匿名
  • 2019/10/21

続刊が楽しみな作品。

7人の少年少女が中心となり、物語は展開されていく。
この巻は7人の顔合わせと各人の紹介、各国間の情勢の説明がメインだったように思う。
それぞれの背景が示され(とは言っても主人公の少年とその幼馴染の少女、7人に紛れ込んだ『ハチドリ』の名を持つスパイについてだが)、一つの飛空艇に乗り込んだ7人は『空の一族』に攻撃されるも、かろうじて目的地に到達する。そこで今巻は終わる。
メインヒロインはおそらく幼馴染ではない方の少女、イリアなのだが(表紙にもなってるし)、今巻では彼女と主人公の未来が断片的に描かれた。

あぁ、指揮官が優秀でイラつかないからとても良い。

恋歌に比べると会話も自然だし(てかアレが無理にコメディに寄せようとした部分の違和感が酷いだけだけど)文章も上手い。
続刊が楽しみな作品。

同じ著者・ナレーターの作品