最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

新たに紡がれる恋と空戦の物語、見参!
「海猫を墜とせ」――帝政天ツ上撃墜王、千々石武夫が唯一敗北を喫した相手、海猫。千々石は激戦の空に宿敵の姿を求め彷徨う。幾つもの戦場を渡るその翼には、常にひとりの少女の「歌」があった……。
©2012 KOROKU INUMURA

とある飛空士への夜想曲 上に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    4
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ナレーション
  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    4
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ストーリー
  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    4
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

並べ替え:
絞り込み:
  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • pecosan
  • 2021/06/29

結末が透けて見えるからこその面白さ

前シリーズの「敵側」の視点で始まる本作
主人公は概ね日本っぽいモチーフの国だし、展開もそうなっていくので正直序盤はちょっと退屈なのですが
キャラクター達がこの世界で息づいて来るにつれて、徐々に彼らの物語が気になってきます

そして登場する前作主人公
結末が自ずと見えて来るからこそ、続きの下巻が気になる物語です
ナレーションは主人公がシブくていいですね