最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

【小学館ガガガ文庫ー配信開始記念特別価格!】 流民上がりの傭兵飛空士が未来の皇妃を本国まで送り届けるという海猫作戦。敵国が激しく襲いかかる中、その二人で搭乗する水上偵察機は無事本国まで辿り着けるのか? 飛行中に芽生えた二人の恋の行方は……!?
©Koroku Inumura (P)小学館

同じ著者・ナレーターの作品

とある飛空士への追憶(ガガガ文庫)に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    10
  • 星4つ
    4
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ナレーション
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    8
  • 星4つ
    3
  • 星3つ
    2
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    0
ストーリー
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    11
  • 星4つ
    2
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

並べ替え:
絞り込み:
  • 総合評価
    4 out of 5 stars
  • ナレーション
    3 out of 5 stars
  • ストーリー
    4 out of 5 stars
  • Amazonのお客様
  • 2019/05/07

およく、おぶ、にお

ある意味王道で、わかりやすく、空戦描写も頭に思い描きやすかった。 声の演技も上手だったんだけど、朗読のメインが長谷さんだからか、ファナのモノローグまで長谷さんの声だから、たまに今の文章は誰視点なのか判りづらいことも。 そんなことより! 尾翼を「およく」、尾部を「おぶ」、二尾を「にお」と読むのはどうかと・・・・。 特に尾翼、尾部は、飛空機が舞台なので頻繁に出てきて、全部読み間違っているため、非常に心が蹴躓いてしまいました。

  • 総合評価
    4 out of 5 stars
  • ナレーション
    2 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • endoooo
  • 2019/08/08

およくはない

尾翼を「およく」などと読んでいる。念のため辞書でその様な読み方をする事があるのかと調べたが、そんなことはなかった。二尾を「にお」とも読んでいる。誰も気がつかなかったのだろうか?ストーリーは良かったので残念

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    4 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • pecosan
  • 2019/07/07

お姫様と飛空士の5日間の旅物語

大きなファンタジー世界の小さな話です 色々設定はありますが、全てはお姫様と飛空士の5日間の旅物語の前置きです あまり細かい事は気にしちゃいけません とても良い物語でした ナレーションは地の文が淡々と読み上げられ過ぎる感があって、特に序盤は少し退屈でしたが 話しが進むにつれてキャラクターが動き始めると 邪魔をしない感じは悪くなかったです、でも空戦のシーンはもう少し抑揚が欲しかったかな?

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • 内田喬士
  • 2019/08/02

最高です

最初から最後まで素敵な時間を過ごせました。 何回でも聴けます。