最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

超軽っ!日本史

著者: 浮世 博史
ナレーター: 宮負 潤
再生時間: 13 時間 13 分
3 out of 5 stars (3件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 3,500
30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

あらすじ・解説

<内容紹介>
難関校合格者を多数輩出したカリスマ教師による、歴史"で"学ぶ日本史講義!

「歴史ってなんか難しい!」
そんなあなたのために、わかりやすいように軽く楽しく日本史をおさらい。
受験の参考書として、教科書の範囲は完全網羅!

しかし、歴史"で"学ぶとはそうした単なる受験対策に留まりません。

「それってホンマかいな?」という懐疑。
「世の中いろいろあるよな」という多様な価値観。
「人間って愚かだなぁ」という歴史上の繰り返し。
「人間ってなんて賢いのだろう」という歴史上の問題解決。

先達が何をどうしちゃったから、いまの社会はこうなっているのか。
我々はこれからどうしていけばいいのか。

新たな時代を切り開き、生きる力を養う日本史の教科書!

<目次>

はじめに――人類の誕生

第1章 原始時代
1.旧石器時代
2.縄文時代
3.弥生時代

第2章 国づくりの時代
1.ムラからクニへ
2.邪馬台国の成立

第3章 古代国家の形成
1.古墳と大和王権
2.人々の暮らし
3.聖徳太子の政治
4.大化の改新と律令国家の形成

第4章 古代国家の展開
1.都の話
2.平城京
3.税の話と人々の暮らし
4.貴族の争い

第5章 古代国家の終わり
1.平安京
2.平安時代初期の政治
3.武士の登場
4.藤原氏の全盛期

第6章 武家政権の成立
1.院政
2.平氏の政治
3.治承・寿永の内乱と鎌倉幕府の成立

第7章 元寇と鎌倉幕府の衰退
1.初期の政治
2.執権政治
3.元寇
4.元寇後

第8章 南北朝時代と室町幕府の成立
1.幕府の滅亡
2.建武の新政
3.南北朝の争乱

第9章 室町幕府の展開
1.足利義満とその時代
2.足利義教とその時代
3.応仁・文明の乱

第10章 新・戦国時代論
1.関東戦国時代
2.新・戦国時代論
3.近畿戦国時代

第11章 織田信長と豊臣秀吉
1.ヨーロッパ人の来航
2.織田信長
3.豊臣秀吉

あとがき

<浮世 博史(うきよ・ひろし)>

私立西大和学園中学・高校社会科教諭。
複数の進学塾の社会科主管を歴任、また名門私立中高の歴史教師として長年中学受験、高校受験の指導にあたる。
小学生から高校生まであらゆる世代の受験指導をしてきた経験から「歴史"を"学ぶ」ではなく「歴史“で”学ぶ」をテーマに、受験対策に留まらない生きる力を養うための歴史授業を展開している。
著書に『日本人の8割が知らなかったほんとうの日本史』(アチーブメント出版)がある。

※本商品は 『超軽っ!日本史―原始時代~安土桃山時代編―』[アチーブメント出版刊 浮世博史著 ISBN:978-4-905154-32-7 408頁 1,400円(税別)]をオーディオ化したものです。
©2012 Hiroshi Ukiyo

カスタマーレビュー

総合評価

  • 3 out of 5 stars
  • 星5つ
    0
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    0

ナレーション

  • 3 out of 5 stars
  • 星5つ
    0
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    0

ストーリー

  • 3 out of 5 stars
  • 星5つ
    1
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    2
  • 星1つ
    0
並べ替え:
  • 総合評価
    3 out of 5 stars
  • ナレーション
    4 out of 5 stars
  • ストーリー
    2 out of 5 stars
  • しましましっぽ
  • 2019/03/24

歴史なのか主張なのか

昔の教えと違っているところはどんなところかな?という気持ちで聴き始めたのだが、こう言われているけれどそうでしょうかという展開や、気がしますとかの言い回しがやたら多くて、これは歴史の解説なのか、著者の個人的主張なのか分からなくなってくる。
私は著者の主張が聴きたい訳ではない。現在の歴史はどう教えているのかが聴きたいのだ。
その観点から言うとこの本は全く参考にならない。今の教えなのか個人の主張なのか判別できないからだ。
既に今の教えを知っていて、復習として聴くならともかく、白紙で聴くなら何を教え込まれているのか不安になるので、とても聴いていられない。
ナレーションは「超軽っ」にふさわしいので良しとするが、中身が私には合わなかった。

5人中5人のお客様がこのレビューが参考になったと答えています。

  • 総合評価
    4 out of 5 stars
  • ナレーション
    2 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • 仮免ライダーアマゾン
  • 2019/04/16

内容はボリューム満点で面白い。ナレーションが気になる人は気になるかも

書籍の内容は面白いです。
日本史の概略を軽快に流すだけなのかと思ったら、事件の背景などを意外としっかりと解説しています。私は浅学な人間ですので、日本史を学び直し出来たのはとても楽しかったです。
主に通勤の合間に聞いていましたが、収録時間が13時間超という大ボリュームでしたので、聞き終わるのに2週間位かかりました。その間退屈しなかったのでよかったです。

一方、既に他レビュワー様も書かれていましたが、たまに解説なのか講師の所感なのかわからないような言い回しがあり、私もそこは少し気になりました。断定口調が少なく「かもしれません」「だと思います」が多く、果たして信じてしまったもいいのかな、と悩ましい箇所も多かったです。
ただ、生の講義を話し口調で書き下せばきっとこんな感じなのでしょうし、そこはぐっと飲み込んで楽しませていただきました。

それよりもイラっとしたのがナレーションです。
軽さを重視するあまり抑揚が強すぎて聞いていて疲れます。まるで絵本を読み聞かせているようなノリで語られるので、そこまでしなくても…という気持ちにさせられて集中がそがれます。
また、たまに当時の人間の心理描写などが入ったりするのですが、その際に変なイコライザがかけられたり音量が下がったりと音声編集もはっきり言ってお粗末でした。こういうのは普通でいいと思うのですが…。

いろいろ文句も書きましたが、原始時代から現代までの日本の歴史を聞き下すことが出来るので、高校時代で止まっていた日本史の知識をある程度アップデートできます。
今はこんなふうに教えてるのかー、といった発見もありますし、日本の歴史を知ればもっと日本のことについて知りたくなってきます。もともと軽めのコンセプトの本ですし、のんびりと休み休み聞いても楽しいと思います。歴史マニアというよりは、歴史にちょっと興味がある、位の方におすすめです。

1人中1人のお客様がこのレビューが参考になったと答えています。