Audible会員プラン登録で、12万以上の対象タイトルが聴き放題。

  • 「考えるスキル」を武器にする

  • 著者: 筧 将英
  • ナレーター: 八幡 諒
  • 再生時間: 4 時間 42 分
  • 3.6 out of 5 stars (13件のカスタマーレビュー)

Audible会員プラン 無料体験

会員は、12万以上の対象作品が聴き放題
アプリならオフライン再生可能
プロの声優や俳優の朗読も楽しめる
Audibleでしか聴けない本やポッドキャストも多数
無料体験終了後は月会費1,500円。いつでも退会できます
『「考えるスキル」を武器にする』のカバーアート

「考えるスキル」を武器にする

著者: 筧 将英
ナレーター: 八幡 諒
30日間の無料体験を試す

無料体験終了後は月額¥1,500。いつでも退会できます。

¥3,000 で購入

¥3,000 で購入

下4桁がのクレジットカードで支払う
ボタンを押すと、Audibleの利用規約およびAmazonのプライバシー規約同意したものとみなされます。支払方法および返品等についてはこちら

あらすじ・解説

■「考えること」を強みに変えて、仕事で成果を上げる方法がわかる本

「明日までに何か考えてきて」

いきなり上司や先輩に頼まれて困った……。

ほとんどの方がそんな経験をしたことがあると思います。

■社会人になると「考えること」は毎日のように必要になるのに、

どうやって考えれば良いのかは誰も「具体的に」教えてくれません。

ほとんどの人が

上司や先輩の企画書や資料を見せてもらったり、

わからないところを聞きながら

見よう見真似で、OJT的に

「考えること」を身に付けることになります。

そのため、

仕事で使える「考え」を生み出せるようになるまでに

数カ月、数年かかったり、

人によっては何年たっても

「考えること」が苦手のままだったりします。

あるいは、

「考え」を出せるようにはなったものの、

それが成果につながらない、

つまり、仕事の役に立たなかったりします。

こんな人が多いため、

一般的に「考えること」は難易度が高いと思われています。

■ところが、

元電通の戦略プランナー、筧将英さんによると、

ちょっとしたコツをつかみ、何回か練習を重ねれば、

誰もが「考えること」を自分の強みに変え、

仕事を前進させるための「ツール」として活用できるそうです。

そのために必要な

3つのコツと10個のワザを解説したのが本書です。

本書で紹介する3つのコツとは次のことです。

①頭の外に出す

②付加価値を作る

③提案性を持つ

そして10個のワザは次のことです。

①まとめない

②分ける

③図にする

④インプットする

⑤違和感に気づく

⑥仮説を持つ

⑦課題を作る

⑧目標を再設定する

⑨両立させる

⑩自分を出す

ずいぶんたくさんのことをやる必要があって

「面倒くさそう!!!」と思われるかもしれませんが、

実際にやることは極めてシンプルです。

ステップ①今ある事象を洗い出す

ステップ②集めた事象を目的に沿って整理する

ステップ③整理されたものを見て少し考察する

この3つのステップを順番通りに実行するだけで

誰でも「価値あるアウトプット」を生み出せようになります。

若手の広告関係者、マーケターの方、

それ以外の業界で、企画やアイデアを出す仕事に就いている方、

あるいは、「考えること」を得意にしたいビジネスパーソンの皆さんは

ぜひ本書で紹介するノウハウをお試しください。

あなたの考える力は確実に向上します。

■本書の内容

・初級編 頭の外に出す

・第1章 「考えること」は「まとめないこと」

・第2章 「考えること」は「分けること」

・第3章 「考えること」は「図にすること」

・中級編 付加価値を作る

・第4章 「考えること」は「知ること」

・第5章 「考えること」は「違和感に気づくこと」

・第6章 「考えること」は「仮説を持つこと」

・第7章 「考えること」は「課題を作ること」

・上級編 提案性を持つ

・第8章 「考えること」は「目標を再設定すること」

・第9章 「考えること」は「両立させること」

・第10章 「考えること」は「自分を出すこと」

本タイトルには付属資料・PDFが用意されています。ご購入後、PCサイトのライブラリー、またはアプリ上の「目次」からご確認ください。

©Masahide Kakehi 2023 (P)2023 Audible, Inc.

「考えるスキル」を武器にするに寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 3.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    5
  • 星4つ
    2
  • 星3つ
    3
  • 星2つ
    2
  • 星1つ
    1
ナレーション
  • 3.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    5
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    3
ストーリー
  • 3.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    4
  • 星4つ
    4
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    2

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

並べ替え:
絞り込み:
  • 総合評価
    3 out of 5 stars
  • ナレーション
    1 out of 5 stars
  • ストーリー
    4 out of 5 stars
barhouse88のプロフィール画像
  • barhouse88
  • 2023/09/27

ナレーションが不快に感じます

マーケティングの基本的な内容が書かれたものですが、再確認できる点もあり有意なものでした。
特に最近は知識が軽視される傾向にあると感じていましたが、改めてインプットの重要性を確認できました。

ただナレーションの話し方や声にストレスを感じてしまいます。
とてもプロとは思えませんでした。
舌足らずなところは諦める部分もあるかもしれませんが、声に雑味があるというか不快なのです。我慢して聴くしかありません。

問題が発生しました。数分後にもう一度お試しください。

ありがとうございました。

あなたはこのレビューを報告しました!

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
白鳥のプロフィール画像
  • 白鳥
  • 2023/10/10

考えることの楽しさがわかる本

考えることのさまざまな定義を通して、世の中にいかに価値を創造するかについて議論した本。

著者の仕事対する考えが伺えた一文が以下。

「マーケティングという仕事の真の醍醐味は絶対に解決しなければいけない課題を見つけたとき。誰も気づいていない、しかしそこには可能性とチャンスがある。こんな課題を見つけたときこそ考えることの最高の快感を味わえます」

問題が発生しました。数分後にもう一度お試しください。

ありがとうございました。

あなたはこのレビューを報告しました!