最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

周五郎の初期を代表する連作集でもあり第十七回直木賞に推されながらも受賞辞退で有名な「日本婦道記」全三十一編を収録

「日本婦道記」は1942年(昭和17年)より『夫人倶楽部』で連載が開始された、周五郎の初期を代表する連作集です。

尾張・水戸とともに徳川御三家のひとつである紀州徳川家。武家としての体面を保つため良人の眼にもつかず、まして世の人には窺うかがい知ることもできぬところで、つつましく生きた妻。ひどく荒れた手と粗末な遺品から、そのつとめを全身ではたしていたことを初めて知る――。(「松の花」)
時代や境遇、あらゆる苦難とたたかった女性たちの記録、全三十一編を収録しています。

収録作品
松の花
梅咲きぬ
箭竹
笄堀
忍緒

春三たび
不断草
障子
阿漕の浦
藪の蔭

横笛
郷土
雪しまく峠
髪かざり
糸車
菊の系図
尾花川
桃の井戸
壱岐ノ島
竹槍
蜜柑畑
おもかげ
二粒の飴
花の位置
墨丸
二十三年
萱笠
風鈴
小指
©2021 PanRolling

日本婦道記(全三十一編収録)に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    7
  • 星4つ
    2
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ナレーション
  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    8
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ストーリー
  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    7
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。