Audible会員プラン登録で、12万以上の対象タイトルが聴き放題。

  • AI時代に食える仕事 食えない仕事(週刊東洋経済eビジネス新書No.308)

  • 著者: 週刊東洋経済編集部
  • ナレーター: 長谷川 俊介
  • 再生時間: 1 時間 50 分
  • 3.8 out of 5 stars (16件のカスタマーレビュー)

Audible会員プラン 無料体験

会員は、12万以上の対象作品が聴き放題
アプリならオフライン再生可能
プロの声優や俳優の朗読も楽しめる
Audibleでしか聴けない本やポッドキャストも多数
無料体験終了後は月会費1,500円。いつでも退会できます
『AI時代に食える仕事 食えない仕事(週刊東洋経済eビジネス新書No.308)』のカバーアート

AI時代に食える仕事 食えない仕事(週刊東洋経済eビジネス新書No.308)

著者: 週刊東洋経済編集部
ナレーター: 長谷川 俊介
30日間の無料体験を試す

無料体験終了後は月額¥1,500。いつでも退会できます。

¥1,000 で購入

¥1,000 で購入

下4桁がのクレジットカードで支払う
ボタンを押すと、Audibleの利用規約およびAmazonのプライバシー規約同意したものとみなされます。支払方法および返品等についてはこちら

あらすじ・解説

本タイトルには付属資料・PDFが用意されています。ご購入後、デスクトップのライブラリー、またはアプリ上の「目次」でご確認ください。(アプリバージョン:Android 2.40以上、iOS 3.11以上)

労働人口の47%が機械に代替される ──。
2013年、フレイ&オズボーン論文はそうした定量的予測を発表し、雇用の未来に関する議論を巻き起こした。米国では10~20年以内に70%以上の確率で予測が実現するとしている。
「今後AIに仕事を奪われる」。センセーショナルな定量的予測とあわせ、不安をあおるような報道も相次いだ。ただ、同論文への不十分な点が次々と指摘され、より精度の高い未来予測も発表された。アーンツ論文では「タスクベース」の変化を踏まえ、職業そのものが機械に置き換わるわけではなく、その一部のタスクが置き換わっていくとしている。こうした定量的予測を踏まえつつ、“現場の現実”に基づき、18の職業の未来を予測した。

本誌は『週刊東洋経済』2019年4月13日号掲載の26ページ分を電子化したものです。
©東洋経済新報社 (P)2020 Audible, Inc.

AI時代に食える仕事 食えない仕事(週刊東洋経済eビジネス新書No.308)に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    4
  • 星4つ
    7
  • 星3つ
    4
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    1
ナレーション
  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    7
  • 星4つ
    3
  • 星3つ
    4
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    1
ストーリー
  • 3.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    3
  • 星4つ
    6
  • 星3つ
    4
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    1

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

並べ替え:
絞り込み:
  • 総合評価
    4 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    4 out of 5 stars
お天気は?おーい!Amaカス!のプロフィール画像
  • お天気は?おーい!Amaカス!
  • 2022/02/02

1時感覚50分でざっくり気楽にロボットやAIが担う仕事を知ることができる

1時間50分なので気楽に聴けますし、
ざっくりとAIや自動化して、機械に奪われる仕事や産まれる雇用や予想が楽しく聴けました。
専門的で分かりづらい事も無いので、AIやロボットと共存する社会のイメージには良いかと。子供にもオススメ!3倍速なら40分で聴けます。

問題が発生しました。数分後にもう一度お試しください。

ありがとうございました。

あなたはこのレビューを報告しました!