最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

中村座見物に江戸にでてきた豪農の金右衛門と為吉の一行は、親類の下総屋に挨拶にいく途上で敵討ちの一幕に出くわしてしまう。成程お江戸は恐ろしい所だと舌を巻いた、「これだけで済めばよいのですが、まだ恐ろしいことが続々出来したのです。」斬られる者、攫われる者、心中者まであらわれる、それを一手に引き受けて、人情に篤いがクールな知性派、岡っ引きの半七親分が大活躍!
(C) ことのは出版

青山の仇討 (半七捕物帳)に寄せられたリスナーの声

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。