最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

今も昔もマニアにつける薬はない。そして今も昔もそんな道楽者に目をつけて金を稼ごうという奴がいるものだが、絵馬気ちがいの油屋・丸多の主人・多左衛門に目をつけた奴はまっとうではなかった。「こいつもなかなかの謀叛人だ。由井正雪が褒めているかも知れねえ」・・幕末の江戸を舞台に、人情に篤いがクールな知性派、岡っ引きの半七親分が大活躍!
(C) ことのは出版

正雪の絵馬 (半七捕物帳)に寄せられたリスナーの声

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。