最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

金の蝋燭(半七捕物帳)

著者: 岡本 綺堂
ナレーター: にのみや みお
再生時間: 1 時間 16 分
カテゴリー: 時代小説

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

ある細雨の晩、大川は両国橋の仮橋から人が落ちた。四五日たって女の死骸があがった。女は蝋燭の包みを抱いて死んでいた。あまりの重さにあらためてみるとその芯はなんと金無垢の伸べ棒。おりしも江戸城本丸では御金蔵が破られ小判四千両をぬすみ出され、懸命の探索が行われていたのだった・・。幕末の江戸を舞台に、人情に篤いがクールな知性派、岡っ引きの半七親分が大活躍!
(C) ことのは出版

金の蝋燭(半七捕物帳)に寄せられたリスナーの声

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。