最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

六百五十石取りの旗本小栗昌之助の屋敷の門前、豪華な碁盤に載せて据えられた美しい女の生首。どこの誰やらわからない。小栗の家でも知らないという。柳橋のお俊に似ているがそれにしてはあばたがある。「わたくし共の商売には勘が働きます」今回の親分の勘もお見事。猫の忠義・力士の忠義も光ります。 幕末の江戸を舞台に、人情に篤いがクールな知性派、岡っ引きの半七親分が大活躍!
(C) ことのは出版

薄雲の碁盤 (半七捕物帳)に寄せられたリスナーの声

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。