最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

押上村の荒れ寺竜濤寺に墓まいりにきた近所のお鎌婆さんが、寺内の井戸の水を汲もうとして、恐ろしいものを発見した。「出家が二人、虚無僧が二人、古井戸のなかで死んでいたそうで……」。「からだに疵のねえのを見ると、自分たちで身を投げたようにも思われるが、坊主と虚無僧の心中でもあるめえ…」。幕末の江戸を舞台に、人情に篤いがクールな知性派、岡っ引きの半七親分が大活躍!
(C) ことのは出版

十五夜御用心(半七捕物帳)に寄せられたリスナーの声

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。