Audible会員プラン登録で、12万以上の対象タイトルが聴き放題。

  • 霞が関 悩める官僚(週刊東洋経済eビジネス新書No.271)

  • 著者: 週刊東洋経済編集部
  • ナレーター: 海老塚 久蔵
  • 再生時間: 1 時間 53 分
  • 4.0 out of 5 stars (3件のカスタマーレビュー)

Audible会員プラン 無料体験

会員は、12万以上の対象作品が聴き放題
アプリならオフライン再生可能
プロの声優や俳優の朗読も楽しめる
Audibleでしか聴けない本やポッドキャストも多数
無料体験終了後は月会費1,500円。いつでも退会できます
『霞が関 悩める官僚(週刊東洋経済eビジネス新書No.271)』のカバーアート

霞が関 悩める官僚(週刊東洋経済eビジネス新書No.271)

著者: 週刊東洋経済編集部
ナレーター: 海老塚 久蔵
30日間の無料体験を試す

無料体験終了後は月額¥1,500。いつでも退会できます。

¥1,000 で購入

¥1,000 で購入

下4桁がのクレジットカードで支払う
ボタンを押すと、Audibleの利用規約およびAmazonのプライバシー規約同意したものとみなされます。支払方法および返品等についてはこちら
activate_samplebutton_t1

あらすじ・解説

本タイトルには付属資料・PDFが用意されています。ご購入後、デスクトップのライブラリー、またはアプリ上の「目次」でご確認ください。(Android:アプリバージョン2.40以上、iOS:アプリバージョン3.11以上)

2018年10月第4次安倍改造内閣が発足した。
不人気、不遇、不祥事。こうしたキーワードで語られる霞が関の官僚たち。政策を担うエリートたちは政権への忖度と官僚ムラの掟でがんじがらめだ。
不祥事で弱体化する財務省、官邸に食い込む経産省、ブラック職場とも揶揄される厚労省、2001年の中央省庁再編後も続いているかのような旧省庁時代の慣行など。国民経済や生活に直結する霞が関の悩めるエリート官僚たちの実態に迫った。
(なお、本誌の情報は2018年6月の編集当時のものに、注釈による更新を加えています)

本誌は『週刊東洋経済』2018年6月23日号掲載の28ページ分を電子化したものです。
©東洋経済新報社 (P)2020 Audible, Inc.

霞が関 悩める官僚(週刊東洋経済eビジネス新書No.271)に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    0
  • 星4つ
    3
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ナレーション
  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    0
  • 星4つ
    3
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ストーリー
  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    0
  • 星4つ
    3
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。