Audible会員プラン登録で、12万以上の対象タイトルが聴き放題。

  • 全解明 経済安全保障(週刊東洋経済eビジネス新書No.387)

  • 著者: 週刊東洋経済編集部
  • ナレーター: 黒木 紳太郎
  • 再生時間: 2 時間 34 分
  • 3.5 out of 5 stars (8件のカスタマーレビュー)

Audible会員プラン 無料体験

会員は、12万以上の対象作品が聴き放題
アプリならオフライン再生可能
プロの声優や俳優の朗読も楽しめる
Audibleでしか聴けない本やポッドキャストも多数
無料体験終了後は月会費1,500円。いつでも退会できます
『全解明 経済安全保障(週刊東洋経済eビジネス新書No.387)』のカバーアート

全解明 経済安全保障(週刊東洋経済eビジネス新書No.387)

著者: 週刊東洋経済編集部
ナレーター: 黒木 紳太郎
30日間の無料体験を試す

無料体験終了後は月額¥1,500。いつでも退会できます。

¥2,000 で購入

¥2,000 で購入

下4桁がのクレジットカードで支払う
ボタンを押すと、Audibleの利用規約およびAmazonのプライバシー規約同意したものとみなされます。支払方法および返品等についてはこちら
activate_samplebutton_t1

あらすじ・解説

本タイトルには付属資料・PDFが用意されています。ご購入後、デスクトップのライブラリー、またはアプリ上の「目次」でご確認ください。(アプリバージョン:Android 2.40以上、iOS 3.11以上)

半導体などの先端技術や人権問題、サプライチェーン構築などを巡り、米中を起点とした覇権争いは、沈静化する兆しが見えない。さらに、新型コロナによる社会の不安定化や、医療品、ワクチンの不足によって世界的に自国優先主義が先鋭化している。こうした中、日本でもグローバル化と自由主義経済を謳歌する時代は終わりを迎えたとの認識から、経済同友会が国家の安全保障と企業経営を一体に考えるべきだ、という強いメッセージを発して話題を呼んだ。一方で、国際競争力を持つ企業からは、サプライチェーンの見直しなど、戸惑いの声も聞こえる。分断の時代に企業戦略はこれまでにない難しさに直面している中、米中の板挟みになる日本企業が取るべき進路と展望を探る。

本誌は『週刊東洋経済』2021年6月26日号掲載の34ページ分を電子化したものです。情報は底本編集当時のものです。その後の経済や社会への影響は反映されていません。

©東洋経済新報社 (P)2022 Audible, Inc.

全解明 経済安全保障(週刊東洋経済eビジネス新書No.387)に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 3.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    1
  • 星4つ
    5
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    1
ナレーション
  • 3.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    1
  • 星4つ
    4
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    1
ストーリー
  • 3.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    1
  • 星4つ
    5
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    1

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

並べ替え:
絞り込み:
  • 総合評価
    2 out of 5 stars
  • ナレーション
    2 out of 5 stars
  • ストーリー
    2 out of 5 stars
kanzoのプロフィール画像
  • kanzo
  • 2023/01/12

今どきのニュース

最近のニュース事項のまとめの為、特に特記なし、雑誌として読もう

問題が発生しました。数分後にもう一度お試しください。

ありがとうございました。

あなたはこのレビューを報告しました!