最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月会費1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

『罪と罰』は、ロシアの文豪フョードル・ドストエフスキーの長編小説で代表作。世界文学の最高傑作の一つとされる。1866年に雑誌『ロシア報知(英語版)』に連載。『カラマーゾフの兄弟』、『白痴』、『悪霊』、『未成年』と並ぶ、後期五大長編小説で最初に出された。

貧乏書生ラスコーリニコフは、「非凡人は凡人の法律や道徳を踏み越えてもいい」という論理から、高利貸しの老婆を殺害する。犯行の後、罪の意識に苦しむことになり——。
Public Domain (P)Roundemy Co., Ltd.

同じ著者・ナレーターの作品

罪と罰 上に寄せられたリスナーの声

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。