最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

本タイトルには付属資料・PDFが用意されています。ご購入後、デスクトップのライブラリー、またはアプリ上の「目次」でご確認ください。(アプリバージョン:Android 2.40以上、iOS 3.11以上)

内容
 

あらゆるビジネスの見え方が変わる!
 

“専門分野の寄せ集め"だった経営学を
 

ビジネスの目的別に再構築した画期的入門書
 

■経営学をビジネスモデルで理解する「常識破り」の入門書
 

そもそも「経営学」という学問は、「経営戦略」や「マーケティング」「アカウンティング」
 

「ファイナンス」「人・組織」「オペレーション」といった専門分野の集合体です。
 

それゆえ、経営学の「入門」をうたっている本はどれも、
 

各分野の寄せ集めでしかなく、経営学がわかりにくい原因となっていました。
 

本書は、そうした経営学“入門書"の「常識」を打ち破るもの。
 

「ターゲット」「バリュー」「ケイパビリティ」「収益モデル」という、
 

現実のビジネスを構成する4つの要素から経営学を「目的別」に理解してしまおうという
 

前代未聞の試みが結実したものです。
 

この4要素が組み合わさることで、「ビジネスモデル」が成立します。
 

ビジネスモデルは、事業を統合的に運営していくために欠かせない「経営視点」。
 

事業運営を任されたビジネスパーソンも、アルバイトをする学生も、会社そのものを経営する経営者も、
 

誰にとってもためになる、面白く学べて実践できる
 

画期的な一冊が、ここに誕生しました。
 

■独自企業・事業のビジネスモデルを解き明かすオリジナル演習収録!
 

本書では、ビジネスモデルのフレームワークを机上の空論に終わらせず
 

読者に実際に身につけてもらうことを考え、22題の演習を収録しました。
 

Google、Amazon、Apple、スターバックス、エプソンといった
 

独自のビジネスモデルを有する企業や事業を題材に取り上げ、
 

読者自らが実際にビジネスモデル図に描きだすのです。
 

このビジネスモデル図を一発で描ききるのは至難の業。
 

自ら調べ、考え、整理するという過程が必要です。
 

しかし、その繰り返しを経ることによって初めて、
 

真に「経営視点」を身につけることが可能になるのです。
 

■ビジネス書アワード2冠『経営戦略全史』著者渾身の一作!
 

本書のもう一つの特徴は、その圧倒的な読みやすさにあります。
 

文字数18万字超、ページ数360ページという大ボリュームながら、
 

平易でスピード感のある文体と189点にも及ぶ図表によって
 

「一気読み」することが可能になっています。
 

同じく「経営戦略100年の発展史を一気読み」する本として
 

大きな話題を呼び、ビジネス書アワード2冠を獲得した
 

『経営戦略全史』の著者・三谷宏治氏による、
 

かつてない読書体験を約束する渾身の一作です。
 

■目次
 

序章 経営学の全体像とこの本での学び方
 

1章 ターゲット:誰を狙う?
 

2章 バリュー:提供価値は何?
 

3章 ケイパビリティ:どうやって価値を提供する?
 

4章 収益モデル:どうお金を回す?
 

5章 あと3つ:事業目標、共通言語、IT・AI
 

補章 ミクロ経済学基礎と経営戦略史

©2019 Koji Mitani (P)2021 Discover 21, Inc.

新しい経営学に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 2.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    0
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    0
ナレーション
  • 2 out of 5 stars
  • 星5つ
    0
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    1
ストーリー
  • 3.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    1
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

並べ替え:
絞り込み:
  • 総合評価
    2 out of 5 stars
  • ナレーション
    1 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • かばやきさん
  • 2021/05/17

ナレーターの方が鼻声なのが気になります

内容はとても興味深いのですが、
ナレーターの方が鼻声(鼻にかかる発声)なため、不快に感じてしまうところも多くずっと通して聞くことが出来ませんでした。
本の内容自体は良いため、とてももったいないと感じます。