最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

マッキンゼー 成熟期の差別化戦略 2014年新装版

著者: 大前 研一
ナレーター: 平川 正三
再生時間: 5 時間 11 分
3 out of 5 stars (3件のカスタマーレビュー)

30日間の無料体験終了後は月額980円。(最初の12か月間の特別価格。詳細はこちら)いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

本タイトルには付属資料が用意されています。

ご購入後、PC上でAudibleのホームページを開き、「ライブラリー」をご確認ください。

※Windows10端末をご利用のお客様は、アプリ上で直接ご覧いただけます。


■大前研一氏を中心とするマッキンゼーコンサルタントが語る「市場で勝つための4つの戦略」を新装刊行
経営戦略を「市場ニーズを満たすビジネスにおいて、競合に相対的に打ち勝つことで、自社の収益を継続的に確保する方法」と定義した場合、市場の成熟度が増すほどに"競合に相対的に打ち勝つ"ということは困難なものとなります。

本書は、市場が成長期から成熟期に遷移していた1980年代にプレジデント社から発行された『マッキンゼー 成熟期の差別化戦略』を基としております。その後、長く経営書の名著として読み継がれ、<2014年新装版>として新装刊行したのが本書『成熟期の差別化戦略2014年新装版』です。

大前研一氏を中心とするマッキンゼーコンサルタントが各専門において、競合との「差別化戦略」を下記の4つの切り口から豊富な実例・図版を用いて解説しています。
製品/市場(マーケティング)の差別化戦略
販売力の差別化戦略
コスト競争力の差別化戦略
技術開発の差別化戦略
それぞれの戦略については、モデル論で終わるのではなく「戦略立案」⇒「計画策定」⇒「実行」のフローで捉え、戦略実行時に課題となりうるポイントについても解説されており、ビジネスのブレイクスルーのヒントとしてお読みください。
大企業で働くビジネスマンだけでなく、相対的に企業規模が小さいからこそ「差別化戦略」の重要性がより高まる、これから市場参入する企業の方にこそお勧めしたい1冊です。

<キーワード>
・ユーザーニーズの分析
・セグメンテーション
・技術革新(イノベーション)の管理
・資源配分
・人材教育
・マネジメント
・販売チャネル
・コスト競争
・原料調達
・生産プロセス
・購買体制

■新装にあたって
新装にあたり、書籍はデジタルリマスタリング。大きく以下2点を追加収録しています。
・図版はすべてリデザインし、電子書籍版ではより見やすいカラー図版でお読みいただけます(カラー対応デバイスの場合に限ります)。
・新装刊にあたって7,000字を超える著者インタビューを追加収録。今の大前研一氏が「コンサルティング」「経営」を語ります。

(C)2014 Kenichi Ohmae (P) 2016 Audible, Inc.

カスタマーレビュー

総合評価

  • 3 out of 5 stars
  • 星5つ
    1
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    1

ナレーション

  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    1
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ストーリー

  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    1
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
レビューはまだありません。

同じ著者・ナレーターの作品