最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

内容紹介

1946年という、戦後間もない時期に雑誌「世界」に発表されたこの論文は、「天皇制」の是非が大きく問われていた時流に大きな波紋を投じた。
「一、上代における国家統一の情勢」「二、万世一系の皇室という観念の生じまた発達した歴史的事情」の大きく二章に分けられた本作は、「古事記」「日本書記」への資料的批判を展開しながらも皇室そのものを否定せず、「天皇制は時勢の変化に応じて変化しており、民主主義と天皇制は矛盾しない」という主張で天皇制維持を論じている。
皇室の国民との関わりを、理知的に説いたこの論文は、令和の時代を迎えた現在でも、一読の価値があるだろう。

目次
一 上代における国家統一の情勢
二 万世一系の皇室という観念の生じたまた発達した歴史的事情
©2019 PanRolling.

建国の事情と万世一系の思想に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    1
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ナレーション
  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    1
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ストーリー
  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    1
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。