最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

小説 言の葉の庭

著者: 新海 誠
再生時間: 11 時間 7 分
カテゴリー: 現代文学
4.7 out of 5 stars (167件のカスタマーレビュー)

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

     雨の朝、高校生の孝雄と、謎めいた年上の女性・雪野は出会った。雨と緑に彩られた一夏を描く青春小説。圧倒的な支持を受けた劇場アニメーション作品を、監督自ら小説化。
『小説 言の葉の庭』は、6人の登場キャラを主軸にした物語で構成され、入野自由や花澤香菜をはじめ、アニメでそれぞれのキャラを演じたキャスト陣を起用しています。
(第一話:入野自由、第二話:花澤香菜、第三話:前田剛、第四話:入野自由、第五話:花澤香菜、第六話:星野貴紀、第七話:小松未可子、第八話:入野自由、第九話:入野自由・花澤香菜、第十話:平野文、エピローグ:入野自由・花澤香菜)
様々な角度から描かれる『言の葉の庭』の世界をキャストが持つ声の魅力と共に贈ります。

※本作品を話毎に楽しめる分冊版も配信中。
第一話:入野自由
第二話:花澤香菜
第三話:前田剛
第四話:入野自由
第五話:花澤香菜
第六話:星野貴紀
第七話:小松未可子
第八話:入野自由
第九話:入野自由、花澤香菜
第十話:平野文
エピローグ:入野自由、花澤香菜    

©Makoto Shinkai/CoMix Wave Films2014 (P)- KADOKAWA

小説 言の葉の庭に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    133
  • 星4つ
    28
  • 星3つ
    3
  • 星2つ
    2
  • 星1つ
    1
ナレーション
  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    126
  • 星4つ
    23
  • 星3つ
    4
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ストーリー
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    119
  • 星4つ
    24
  • 星3つ
    7
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    2

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

並べ替え:
絞り込み:
  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • Kindleのお客様
  • 2018/11/06

素晴らしかった。

アニメも小説も好きなのですが、オリジナルのキャストでオーディオブックにしてもらえるなんて、ありがたいの一言につきます。 小説を読んでいる時には気がつかなかった、色彩や音への描写が、音読されることにより明確に意識できます。 アニメで描かれてなかった登場人物たちの内面。そして、エピローグが聴けて本当に幸せでした。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • たらむ
  • 2018/11/19

聞くべし!

今までのAudibleで一番良かった。 ナレーションも最高だし、ストーリーも完璧!

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • にゃも
  • 2018/11/12

ただただ、最高でした。

新海監督の作品の中でも一番好きな作品です。 映画は何度も見ているのですが、Audibleで小説版の作品を見つけて即購入しました。 花澤香菜さんの声が本当に好きでずっと聞いていたいと思うのですが、 こういった音声作品がなかったので、見つけて本当にありがいことです。 入野さんとの組み合わせを聞いていると、映画でのシーンが蘇ってきます。 大変素晴らしい作品です。 毎日聞いて楽しみたいと思います。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • daizon
  • 2018/11/09

言の葉の庭(朗読版)オーディブル版

以前に小説版を購読済みですが、新鮮な気持ちで聞くことができました。 アニメと同じ声優を起用し、全編で11時間なので毎日聞いても飽きない嗜好品です! 無料最初の1本は言の葉の庭で正解でした。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • yanyoshi
  • 2019/07/23

期待以上。オーディブルの真骨頂

長時間運転する機会があったので手頃なオーディブル作品をさがしていたところ、レビュー高評価だったので購入。 最&高だった。これまでオーディブルは池井戸潤の下町ロケット・七つの会議・陸王と、ナレーションのおっさんが複数のおっさんを演じ分ける作品ばかり聴いていたギャップもあって、複数の声優さん(?)が美しい声で各章を読み分ける本作品はカルチャーショックと言えるほどで、オーディブルの真骨頂を見た気がした。 ストーリーも色々書かれてますが、僕はすごく好きでした。新海監督の言葉選びのセンスは素敵だなと思います。どのキャラクターも一癖あるけど、最後には全員好きになれる感じ。バッドエンドなのかなと思って聴いていたけど、読後感はよかったです。秒速五センチメートルも聴いてみたいなと思いました。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • 匿名
  • 2019/04/05

最高のオーディオブックコンテンツ!!

今までで聞いた中で最高のオーディオブックでした。 劇場版では語られなかったシーン、キャラクターの心情を、あの声優たちの朗読で聞けてとても満足でした! 小説版で情景を想像しながら物語を追っていくのも、小説ならではの楽しみかもしれませんが、 オーディオブック版にはオーディオブック版の良さがあり、キャラクターに声(魂)を込めた声優さんが、 込めた思い、演者としての魂が、小説をより鮮明に彩ってくれ、『言の葉の庭』の世界により深く引き込ませてくれました。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    3 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • 匿名
  • 2018/11/11

待ち望んだものが来たという感覚

この小説の購入当時、読むにあたり自身の脳内再生で聞こえていた声。その答え合わせ的な感じを期待していたのですが、それ以上の喜びで幸せになれた内容でした。 エピローグのふたり、むっちゃかわいくて抱きしめたくなりました(笑)

  • 総合評価
    1 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    1 out of 5 stars
  • 匿名
  • 2020/08/02

なにが面白いのか全くわからない

せっかく豪華声優陣を使っているのに、内容が残念。 なにが全く面白くない。 なんだかくらーい話がボソボソと延々と続くだけ。 おそらく高評価の人は、「新海誠であれば面白いはず。ぞこに豪華声優陣とくれば、面白くないはずがない」と思ってるんだと思う。 前田剛の途中まで聞いてギブアップ。 アニメは見ました。 絵が綺麗でしたね。 主題歌も良かったですね。 一話一話の終わりに、この話は「どこが面白い」という解説を付けてほしかった。 そうすれば楽しめたかも。

  • 総合評価
    4 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    4 out of 5 stars
  • ましろ
  • 2020/05/04

アニメで描かれていない登場人物のお話がたっぷりです

あーそれで!と納得!! 思春期の純粋さと残酷さと脆さとたくましさや大人のもどかしさが上手く描かれていると思います。 ただ、思春期の自分の気持ちに素直というか自分しか見えていないところを思い起こさせてくれるんで、 読んでいて引き込まれるけれど、 大人になった今は、重い気持ちになるんで・・途中がしんどかった・・。 最終的には、それぞれが歩き出すので救われるのでほっとしました。 ナレーションは、ドラマCDのようで、それぞれの顔が浮かび大満足です。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • ┌(・∀・)┘≡ 卍
  • 2020/03/11

映画をもう一度観てる気分で聴けました

章ごとにナレーターが変わり、主人公が変わっていくのに合わせて読み手も変わるので、、内容とマッチしていてとてもよかったです。 章の内容によっては、別の登場人物の言葉を読むケースも当然あり、そこも意外性があって面白く感じました。