会員特典 会員特典
  • 専用アプリでいつでもどこでも。
  • 20以上のジャンルが聴き放題。
  • 月1,500円の定額制サービス。
  • いつでも退会可能。

あらすじ・解説

<内容紹介>
偉大なる「人間通」
孔子はここを学べ!

孔子の言葉を現代に活読した安岡教学の最高峰

論語をみると、われわれば日常遭遇する現象や問題がことごとく原理的に説明されている。こんなことにまで触れていたか、こんな問題まで出ていたかと、驚くばかりである。たとえば、里仁篇に、「利によって行えば怨み多し」とある。これは今日も同じことで、人びとは皆、「利」を追って暮らしているが、利を求めてかえって利を失い、利によって誤まられて、際限もなく怨みを作っている。それは「利とは何であるか」ということを知らないからである。「利の本は義」「利は義の和なり」(左伝)という。したがって本当に利を得ようとすれば「いかにすることが“義”か」という根本に立ち返らなければならない。これは千古かわらぬ事実であり、法則である。ここに気がついて初めて論語が〈活きた学問〉となる。(まえがきより)
<収録内容>
日日に新たに、また日に新たに 新井正明
「大学」訓読

I 活学とは何か
概念と論理の学問だけをやっていると、心が渇く
「古教照心、心照古教」
「あんたは牛のけつじゃな」
単なる物知りではなんの値打ちもない
心がすべてを照らしてゆくような学問

II 政教の原理「大学」
序章 自己を修め人を治める学
第一章 「道」に則れば人間無限の可能性(三綱領)
第二章 致知格物・治国平天下の因果律(八条目)
第三章 三綱領・八条目の典拠

III 処世の根本法則「小学」
序章 道に始めなく終りなし
第一章 独を慎む
第二章 人と交わる
第三章 子弟に告ぐ

IV 古本大学講義
(c)2015 Masahiro Yasuoka

カスタマーレビュー

レビューはまだありません。