最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

ルポ 外国人労働~見過ごされてきた14万人の低賃金労働者 (週刊東洋経済eビジネス新書No.78)

ナレーター: 海老塚 久蔵
再生時間: 44 分
カテゴリー: 社会・政治
4 out of 5 stars (10件のカスタマーレビュー)

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR

あらすじ・解説

本タイトルには付属資料が用意されています。
ご購入後、PC上でAudibleのホームページを開き、「ライブラリー」をご確認ください。
※Windows10端末をご利用のお客様は、アプリ上で直接ご覧いただけます。

「移民は受け入れたくないが、安い労働力は欲しい」という日本。自国にとって都合のいい方法で、安価な労働力を手に入れてきた。それが「外国人技能実習生」だ。
 「開発途上国への技能移転」を名目に始まったこの制度、実際は時給650~700円程度の法定最低賃金で単純労働をさせているのがほとんどだ。
 単純労働での外国人受け入れを国策として認めてこなかった日本で、技能実習制度はその受け皿となってきた。制度のひずみに目をつぶったまま、拡大に向けた議論が進む。

 本誌は『週刊東洋経済』2014年8月2日号第2特集の10ページ分を抜粋して電子化したものです。
©東洋経済新報社 (P) 2018 Audible, Inc.

カスタマーレビュー

総合評価

  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    3
  • 星4つ
    5
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    0

ナレーション

  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    5
  • 星4つ
    3
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ストーリー

  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    4
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    2
  • 星2つ
    2
  • 星1つ
    0
レビューはまだありません。