最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

時間どろぼうと、ぬすまれた時間を人間にとりかえしてくれた女の子モモのふしぎな物語。人間本来の生き方を忘れてしまっている現代の人々に〈時間〉の真の意味を問う、エンデの名作。
©2017 by Michael Ende Estate (www.michaelende.de), represented by AVA international GmbH, Germany (www.ava-international.de). Originally published 1973 by Thienemann Verlag, Germany. (P)2020 Audible,Inc.

同じ著者・ナレーターの作品

モモに寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    230
  • 星4つ
    40
  • 星3つ
    16
  • 星2つ
    2
  • 星1つ
    4
ナレーション
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    201
  • 星4つ
    34
  • 星3つ
    9
  • 星2つ
    4
  • 星1つ
    2
ストーリー
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    202
  • 星4つ
    28
  • 星3つ
    13
  • 星2つ
    5
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

並べ替え:
絞り込み:
  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • ほにゃー
  • 2020/12/28

とても美しく、考えさせられる物語でした

私はこの美しい物語を読み、大変すばらしい感動を覚えました。
思わず感想文も丁寧で美しい言葉で語りたくなるほどです。

この作品は大変有名な作品なのですが、私は今まで児童文学という
ジャンルに興味を持たずにいたため知ることはありませんでした。
ですが今回、人にお勧めされたこと、Audlbleで名探偵コナンの高山みなみさんが
朗読をしているということで聴いてみることにしました。

するとどうでしょう。メルヒェンチックながらも風刺がきいて刺激的で、
全体に伏線がちりばめられた大変に味わい深い作品ではありませんか!
とても50年近く昔の作品とは思えません!

主人公のモモが友達を取り上げられ、一人ぼっちになってしまい
モモの周囲の環境ががらりと変わってしまったところでは恐ろしくて
涙がでそうになりました。すべてが解決する最後のシーンでは
頭の中に美しい光景が広がり、鳥肌がとりませんでした。

物語は都会の郊外の円形劇場に住む浮浪児の『モモ』が人間から時間を
盗んでしまう『灰色の男たち』から時間を取り戻すお話です。

灰色の男達に時間を盗まれた人間はよりよい未来のためにあくせくと
働くようになり、短い時間にたくさんの仕事をこなして無駄な時間を
節約するようになってしまいます。

これだけならばよい事のように聞こえますが、時間を盗まれた人間は
次第に心の余裕を失っていき、家族や友達と話をする時間や
丁寧に仕事をすることを忘れてゆきます。

食事は素早くとれるファストフードとなり、睡眠時間は短く、
常にイライラと不安に襲われ、傷んだ心と体は薬で無理に元気にさせます。
さらに子供を塾や保育園に入れ、年老いた親は養護施設へ入れてしまいます。

恐ろしいことに、それらは本人がよりよい未来のために良かれと思って
やっているのです。最終的に心の余裕を失った人々はすべてのことを
退屈と感じるようになり、心が萎れて灰色の男達のようになってしまうのです。

この描写が現代を生きる私にとって、とても現実的で生々しく描かれているのです。
私は時に何かに追われるように焦り、分単位でスケジュールを組んで
動くときがありますが、この時の感覚がまさに作中で描かれている
時間泥棒に時間を盗まれた人間と同じなのです。

この物語の上手なところは、モモは序盤に人々のお話を聞くという形で
物語上で空想のごっこ遊びをします。このごっこ遊びはとてもファンタジーで
現実感のないお話なのですが、そのごっこ遊びはやがて終わり
物語上の現実に引き戻されます。

何度かそのような話が繰り返された後、物語中に急に現実的なお話が現れ始めます。
舞台は劇場や酒場がある古いファンタジーな世界から、
アパートメントが立ち並び部長や課長が仕事をしてファストフードを食べる
現実的な街並みへと変化するのです。

この話の変化が実に上手く、物語と現実の境界をあいまいにするのです。
物語が冷たいコンクリートとガチガチの制度に固められた現代の都会に移ってからの
寒々しくもリアリティのある現代の描写は逃げ場がなく息苦しい
自分自身の生活とリンクしてまい、私はもう物語から逃れられなくなりました。

物語は最後にモモが時間泥棒から時間を取り返してすべてが
ハッピーエンドに終わるのですが、現実の私たちはそうはいきません。
冷たく息苦しい環境の中、少ない時間をやりくりして生きていく必要があるのです。

実は私は、劇中の時間泥棒達の発想にはそれなりに共感を覚え、それほど
悪いことにはなっていないのではないか、と感じています。

時間泥棒は人の心の余裕を奪い、向上心を刺激して、より効率的に仕事をさせることで
人間にかりそめの発展を与えました。確かに人々は余裕を失い、怒りっぽくなり、
常に焦ったようになっていますが、その一方で仮初とはいえ確かに発展を得ているのです。

物語は現実とは違い、モモのような不思議な少女が表れて
一気に解決することはないかもしれません。この冷たく閉塞的な状況で
私は生きていくしかないのです。ならば時間泥棒のようにしたたかに、
無駄なく、それでも生きていくしかないではありませんか。

おっと、このような思想的な話をするつもりはなかったのです。
このモモはあまりに面白く、私の心にするりと入り込んだため
思わず語ってしまいました。

最後に、この感想を読んでくださった皆さん。
ぜひこのモモという物語を一読してみてはいかがでしょうか。
大変面白く、刺激的で、様々なことを考えさせる物語であると私は考えます。
おわり。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • min
  • 2020/11/21

素晴らしい朗読をありがとうございます

「モモ」は子供の頃に学校の図書館で借りて、でもその時の私には難しく数ページで挫折してしまったきり、気づけば何十年も経っていました。
今回、Audibleで予約購入して配信日を楽しみに待っていました。もとのお話もですが、朗読が素晴らしかった。ありがとうございました。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • 星 雪
  • 2020/11/25

高山みなみさんが朗読をしてくれて嬉しいです!!

モモを高山みなみさんの声で聴けるなんて❗️ただただ感動‼️😭ジジの不器用なところが好きだけど、ベッポの言葉が身に染みる。時間の番人?マイスターの姿は映画を観てちょっとガッカリしたけど、読んでいる時は色々な姿を想像してしまうのが楽しい!!それを高山みなみさんはちゃんと表現してくれました!クイズの推理は某キャラクターが良い意味で想像できました。何度も聴きたいです。ありがとうございます!時間泥棒は本当にこの現実世界で、気がつかないうちに囚われてしまうので、本当に怖いです。そのせいで忘れていたことを再度モモを読んで思い出していきます。限られた生きていける時間の中でどれだけ自分のための時間があるか、考えさせられます。後悔のない自分だけの人生を大切に生きていくために、この作品は聴くだけでも、時間の使い方について視野が広がると思います。作者のミヒャエルエンデさんの生原稿は日本にあるので、いつか見てみたいです!

  • 総合評価
    4 out of 5 stars
  • ナレーション
    4 out of 5 stars
  • ストーリー
    3 out of 5 stars
  • Amazon カスタマー
  • 2020/12/03

でもなかなか難しい…

子供の頃に読んだはずだけど、全然覚えてなかった。オーディブルに出ると知って、聞いてみた。忙しかってるのは、時間が盗まれてて、本当に大事なものを忘れてないかい?ってことなんだけど、これが書かれたのが、1973年頃らしい。その頃でも忙しがって心を忘れるんじゃないかって心配や不安があったんだ。時短とか、時間の節約って、今でも課題だけど、人間らしさ、自分らしさを忘れずにって事が言いたいんだと思う。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • Amazon カスタマー
  • 2020/11/28

最高でした

小学生の頃、クラスメイトが皆、この本を読んでいました。
初めて読んでから長い月日が経っているのでストーリーはほぼ忘れてしまっていましたが、素晴らしい世界を堪能できました。
高山みなみさんの朗読も最高でした。

  • 総合評価
    3 out of 5 stars
  • ナレーション
    4 out of 5 stars
  • ストーリー
    3 out of 5 stars
  • saori
  • 2021/04/13

音量バランスを整えてください

高山みなみさんの長尺の朗読は素晴らしいですが、キャラクターごとに声の音量差がありすぎて全体的に聞きにくかったです。キンキン声のキャラクターは本当に耳が痛くなりますし、ボソボソ声のキャラクターは聞き取りにくいです。収録・編集の際にコンプレッサーなどで調整できると思いますので、聞きやすい音源にしていただきたいです。

  • 総合評価
    3 out of 5 stars
  • ナレーション
    1 out of 5 stars
  • ストーリー
    2 out of 5 stars
  • Amazon Customer
  • 2021/03/13

音量がアンバランス

声優さんお一人での朗読ですが、役によって声のボリュームが違いすぎて聞き取りにくかったです。
主人公が小声でボソボソ、脇役のおじさんが腹から出る怒鳴り声。
亀の甲羅に出る文字は大声の棒読み。
主人公の声にボリュームを仕方なく合わせるのですが、耳がキンキンしました。
録音後からでも編集でどうにか出来なかったのでしょうか。
大御所声優さん&朗読向きの良本なだけに残念です。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • ちーちゃん
  • 2021/03/12

子供も夢中に

小5、小1、年少の子供たちと一緒に聴きました。
高山さん凄すぎ。
大好きな本だったのではじめは私自身で読み聞かせするも、子供たち反応鈍く……諦め……。

Audibleでモモがあると知り聴かせたところ、毎晩子供たちが聴きたいとせがむほどモモの世界に夢中に。

高山さんの声はコ○ンくんで親しみがあったからなのか、本当に食いつきが良かったです!

すぐに話に夢中になり、子供たちは灰色の男たちに震え上がっていました。

コロナで家に居ることが増えて、漫画やゲームなど目ばかり使って心配していたのですが、Audibleで目をお休みしつつ豊かな時間が過ごす選択肢が増えたのは親としても嬉しいことでした。

子供が喜ぶAudibleのタイトルがもっとたくさん増えて欲しいです☺️

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • 甘損
  • 2021/02/17

傑作

半世紀近く前に発表され、未だに色褪せる事なく読み継がれている児童文学の傑作ですので、内容の素晴らしさは、今更あれこれ述べるまでもありません。
恐らく、2021年現在から100年後でも色褪せることは無いであろう普遍的なテーマで、児童文学でありながら、本当の意味で楽しめる(理解できる)のは大人であろう、という内容です。
ただ、あくまでも原作が素晴らしいということを前提としつつ、今回感動したのは読み手の表現力でした。よく知らずに聴き始め、途中で調べて声優の方だと知りましたが、まさに「声で表現する職人だな」と感じました。登場人物毎の声の使い分けはもとより、喜怒哀楽や動揺などの様々な感情を声のみで表現し、作品の素晴らしさと相まって、ぐいぐいと作品世界に引き込んでいきます。
声優さんというと、アニメや洋画の吹き替えのみというイメージでしたが、オーディオブックというステージでも、素晴らしい活躍が出来る職人さんだと気付かされました。
興味のある方は、是非とも聴いてみて下さい。

  • 総合評価
    4 out of 5 stars
  • ナレーション
    4 out of 5 stars
  • ストーリー
    4 out of 5 stars
  • Amazon カスタマー
  • 2021/01/15

子供も大人も一度は読むべき一冊。

以前子供が読んでいたので、時をおいて今回
読んでみました。時間を題材にしていますが
人生哲学的なものを根底に感じました。

同時に最近また読まれているジョージ・オーウェルの
1984に通じる、何か底知れぬ不安感も。
たしかに子供も大人も、一度は読むべき一冊だと
思います。