最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

ニルスのふしぎな旅

ナレーター: 安田 愛実, 楠木 華子
再生時間: 13 時間 19 分
カテゴリー: 絵本・児童書

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

内容紹介
★女性で初、ノーベル文学賞を受賞したスウェーデンの作家セルマ・ラーゲルレーヴの童話
★「ニルスのふしぎな旅」はスウェーデンの教育会から執筆を依頼された、こどものためのお話です。
★アンデルセン、グリムの童話を数々訳した北欧文学者 矢崎源九郎が訳しています。
★bgmや効果音が入った、楽しくおもしろい!聴く絵本です。

あらすじ
ある日のこと、偶然家の中で捕まえた小人をいじめたニルスは、魔法で自分の姿も小人に変えられてしまいます。
魔法をかけた小人を探そうとすると、今までニルスがいじめていた動物たちはニルスを見て「ばちがあたった!」と大騒ぎ。ニルスに仕返しをしようとします。
沈んだ気持ちでニルスが庭を歩いている時、ガンの群れがガチョウたちに「いっしょにこいよ」と呼びかけていました。
その時、ニルスはついて行こうとするガチョウのモルテンを見つけます。「あの大きいガチョウに逃げられたら大損害だぞ」と思ったニルスは、モルテンの首に飛びついて止めようとします。
しかし、モルテンは空へと舞い上がり、一緒に連れていかれてしまいました。

こうして、ニルスはスウェーデンじゅうを旅することになりました。
小人になったニルスは家もないし、食べ物も自分でみつけないといけません。ガン達と旅をすることで、ニルスはガンがとても賢いと気が付きます。そんなガン達を撃とうとする狩人に腹を立てたり、動物たちを守ったり…とニルスは優しくなっていきます。

※ 本作品は発表時の時代背景により、今日の社会では一般的でなく、不適切と思われる表現が含まれている箇所がございます。しかし作品のオリジナル性を最大限に尊重し、当時のまま忠実に再現することを優先いたしました。
©2020 PanRolling

ニルスのふしぎな旅に寄せられたリスナーの声

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。