最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR

あらすじ・解説

マッキンリー大統領はガルシアという男と連絡を取るために、ローワンという男に手紙を託した。
その時ローワンは手紙を受け取るに当たって「その人はどこにいるのですか?」などと何一つ尋ねなかったのである。
そして彼こそは、その姿を銅像に残し、国中の学校に設置し、永遠にその業績を称えるべきだと賞賛された。
実際、彼のような性格の持ち主は非常に珍しく、どこに行っても重宝される。
「ガルシアに手紙を持っていく」人物はあらゆる場所で必要とされているのだ。
(C)2012 オトバンク

ガルシアへの手紙に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 3.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    0
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ナレーション
  • 3.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    0
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ストーリー
  • 3.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    0
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。