最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR

あらすじ・解説

『よだかの星』は1921年(大正10年)頃執筆された宮沢賢治の児童向け短編で、賢治没後に発表された。
みにくい鳥よだかを題材に、『風の又三郎』、『銀河鉄道の夜』などと共に、疎外という
テーマを扱った賢治の代表的な作品。
宮沢 賢治(みやざわ けんじ、岩手県生まれ、1896年 - 1933年)童話作家、詩人。郷土をこよなく愛し、作品中にも岩手をモチーフにした架空の理想郷が登場する。
(P) 2011 MBS

よだかの星に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    5
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ナレーション
  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    4
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ストーリー
  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    4
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。