最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

「いつかお話した津の国屋だって」「しかしあの話は面白うござんしたよ。」“怪談”を所望された半七老人は、やがて口を切った。「『お逢魔が時』の刻限から、ひとりの婆さんが甘酒を売りに出る。」「うっかりその婆さんのそばへ寄るときっと病人になって」・・・ 幕末の江戸を舞台に、人情に篤いがクールな知性派、岡っ引きの半七親分が大活躍!
(c)ことのは出版株式会社

同じ著者・ナレーターの作品

ナレーター

あま酒売 (半七捕物帳)に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    1
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ナレーション
  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    1
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ストーリー
  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    1
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

並べ替え:
絞り込み:
  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • なみかぜ書店
  • 2017/12/10

半七捕物帳は最高!

捕物帳の嚆矢にして、時代物の最高傑作!古さを感じさせないところには驚かされる。