検索キーワード:著者 "江戸川 乱歩"

カテゴリー

すべてのカテゴリー

検索結果:41件
並べ替え:
    • 黒蜥蜴

    • 著者: 江戸川 乱歩
    • ナレーター: 楠木 華子, でじじ
    • 再生時間: 6 時間 50 分
    • 完全版
    • 総合評価
      5 out of 5 stars 1
    • ナレーション
      5 out of 5 stars 1
    • ストーリー
      5 out of 5 stars 1

    <内容紹介…

    価格: ¥ 3,000

    • 木馬は廻る

    • 著者: 江戸川 乱歩
    • ナレーター: 大島 昭彦
    • 再生時間: 34 分
    • 完全版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    <内容紹介…

    価格: ¥ 1,000

    • 人間椅子

    • 著者: 江戸川 乱歩
    • ナレーター: 佐々木 健
    • 再生時間: 53 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 28
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 24
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 24

    作家である佳子の元に届いたのは一通の奇妙な手紙だった。 それは一人の椅子職人によるものであり、奇妙奇天烈な告白であった。 彼は醜い容貌を持つ椅子職人であり、腕前は一流ではあるものの、人に愛されずに生きてきた。自分が丹精込めて作り上げた椅子を手放したくない、出来ることなら、その椅子と一緒に、どこまでもついて行きたい――そんな単純な願いはいつしか妄想と共に昇華して、己の身体を出来上がった椅子の中に入れ、その椅子の一部となることに行き付いたのであった……

    江戸川乱歩(えどがわ・らんぽ) 日本の推理小説家。1894年10月21日生まれ、三重県生まれ。筆名は、19世紀の米国の小説家エドガー・アラン・ポーに由来する。数々の職業遍歴を経て作家デビューを果たす。本格的な推理小説と並行して『怪人二十面相』、『少年探偵団』などの少年向けの推理小説なども多数手がける。代表作は『人間椅子』、『黒蜥蜴』、『陰獣』など。1954年には乱歩の寄付を基金として、後進の推理小説作家育成のための「江戸川乱歩賞」が創設された。

    • 5 out of 5 stars
    • 鬼気迫る語り口

    • 投稿者: ceptor 日付: 2018/06/14

    価格: ¥ 1,000

    • 灰神楽

    • 著者: 江戸川 乱歩
    • ナレーター: 大島 昭彦
    • 再生時間: 55 分
    • 完全版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    <内容紹介>

    価格: ¥ 500

    • 魔術師

    • 著者: 江戸川 乱歩
    • ナレーター: 楠木 華子, でじじ
    • 再生時間: 9 時間 22 分
    • 完全版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    <内容紹介…

    価格: ¥ 1,000

    • wisの江戸川乱歩(1)「屋根裏の散歩者」「人間椅子」

    • 著者: 江戸川 乱歩
    • ナレーター: wis
    • 再生時間: 3 時間 9 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 3
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 3
    • ストーリー
      5 out of 5 stars 3

    【解説】「屋根裏の散歩者」は密室殺人事件の傑作で、発表当時、世間から非難を浴びたという問題作。卒業後も親の仕送りで下宿で暮らす郷田三郎は、屋根裏の散歩で20人もの下宿人の意外な姿を盗み見ることがこの上ない快楽となった。ある日、虫の好かない遠藤が口をあけて寝ている姿を見て、ある「犯罪(殺意)」に夢想して興奮し、実行に移すのだが・・・。名探偵、明智小五郎とのスリルあるやりとりが物語を終焉へと誘っていく。 「人間椅子」は、椅子職人の異常な告白の物語。ある日、洋館に住む美しい閨秀作家の佳子のもとに届いた手紙に綴られた告白では、自分が外人ホテルからの特別注文で作った肘掛椅子を愛するあまり、その中に自分の体を忍び込ませたという。皮一枚隔てて触れる様々な外国人の男女の肉体の感触に陶酔するが、やがて彼の欲求は日本人のそれへと沸き立っていく。そしてその椅子は、ある洋館に引き取られていったのだが・・・。 【朗読者】wis(透明感のある声で知られる女性朗読家です)

    • 5 out of 5 stars
    • 奥行きあり!

    • 投稿者: Amazon カスタマー 日付: 2018/03/14

    価格: ¥ 2,500

    • 怪人二十面相

    • 著者: 江戸川 乱歩
    • ナレーター: 村上 麻衣
    • 再生時間: 5 時間 30 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 9
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 8
    • ストーリー
      5 out of 5 stars 8

    余がいかなる人物であるかは、貴下も新聞紙上にてご承知であろう。■貴下は、かつてロマノフ王家の宝冠をかざりし大金剛石六個を、貴家の家宝として、珍蔵せられると確聞する。■余はこのたび、右六個の金剛石を、貴下より無償にてゆずりうける決心をした。近日中にちょうだいに参上するつもりである。正確な日時は、おってご通知する。■ずいぶんご用心なさるがよかろう。「怪人二十面相」   監督/吉田純子・編集/三好達也_武井寿夫

    価格: ¥ 3,000

    • 恐ろしき錯誤

    • 著者: 江戸川 乱歩
    • ナレーター: 野口 晃
    • 再生時間: 1 時間 27 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4 out of 5 stars 3
    • ナレーション
      5 out of 5 stars 3
    • ストーリー
      3.5 out of 5 stars 3

    <内容紹介> 「勝ったぞ、勝ったぞ、勝ったぞ……」 北川は復讐の快感に酔い、毒々しい勝利の囁きを続けていた。 三か月以前の春のこと。彼の家は火事になり、彼は我が子を抱いて避難した。しかし、愛妻の妙子が亡くなった。一度は家の外に逃げたはずの妙子は、誰かに何かを耳打ちされて、燃え盛る家の中に再び飛び込んで焼け死んだのだ。北川が復讐すべきは、妙子を死地に赴かせたその誰かだった。 北川は友人であり、かつては妙子を巡っての恋敵であった野本を訪れて、一枚のメダルを見せた。そのメダルの中には、妙子を無残に焼き殺した男の――しかもその妙子が以前から愛し続けていた男の写真が貼り付けてあったのだと、北川は言う。 実はメダルの写真云々は北川の創作だったが、そのメダルを見せるべき疑いのある者は他にも二人いた。メダルを見せた時の野本の反応から、北川は正しく復讐すべき相手への策略が成功したと確信したのだが…… <江戸川乱歩(えどがわ・らんぽ)> 日本の推理小説家。1894年10月21日生まれ、三重県生まれ。筆名は、19世紀の米国の小説家エドガー・アラン・ポーに由来する。数々の職業遍歴を経て作家デビューを果たす。本格的な推理小説と並行して『怪人二十面相』、『少年探偵団』などの少年向けの推理小説なども多数手がける。代表作は『人間椅子』、『黒蜥蜴』、『陰獣』など。1954年には乱歩の寄付を基金とし

    • 5 out of 5 stars
    • 朗読は美声

    • 投稿者: カルガルー 日付: 2018/08/17

    価格: ¥ 1,200

    • 湖畔亭事件

    • 著者: 江戸川 乱歩
    • ナレーター: 西村 健志
    • 再生時間: 4 時間 35 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 5
    • ナレーション
      4 out of 5 stars 4
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 4

     「A湖畔の怪事件」と言う事件がある。発生から五年経っても未解決なばかりか、人はもちろん、奇怪なことには、被害者さえも、実ははっきりとは分っていない有様で、警察もとうにさじを投げているという怪事件だ。その真相を知るのはこの世に立った二人だけ。その一人がこの私なのだ…… 

    価格: ¥ 1,000

    • 一寸法師

    • 著者: 江戸川 乱歩
    • ナレーター: 楠木 華子, 宮負 潤, 野口 晃
    • 再生時間: 6 時間 28 分
    • 完全版
    • 総合評価
      5 out of 5 stars 1
    • ナレーション
      5 out of 5 stars 1
    • ストーリー
      5 out of 5 stars 1

     ある夜、明智小五郎の友人である小林紋三は、酔っぱらって安来節の御園館を出た帰りに、鳥打帽の三十代くらいの男に面白い話があると五十銭をねだられる。紋三は興味本位で五十銭を渡して、男から一枚の紙片を受け取った。 

    価格: ¥ 3,100

    • D坂の殺人事件

    • 著者: 江戸川 乱歩
    • ナレーター: 新居 祐一
    • 再生時間: 1 時間 20 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4 out of 5 stars 7
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 7
    • ストーリー
      4 out of 5 stars 7

    1924年(大正13年)に発表された江戸川乱歩の本格探偵小説。それは九月初旬のある蒸し暑い晩のことであった。私は、D坂の大通りの中程にある、白梅軒という、行きつけのカフェで、冷しコーヒーを啜(すす)っていた。当時私は、学校を出たばかりで、まだこれという職業もなく、下宿屋にゴロゴロして本でも読んでいるか、それに飽ると、当てどもなく散歩に出て、あまり費用のかからぬカフェ廻りをやる位が、毎日の日課だった。この白梅軒というのは、下宿屋から近くもあり、どこへ散歩するにも、必ずその前を通る様な位置にあったので、随(したが)って一番よく出入した訳であったが、私という男は悪い癖で、カフェに入るとどうも長尻(ながっちり)になる。それも、元来食慾の少い方なので、一つは嚢中(のうちゅう)の乏しいせいもあってだが、洋食一皿注文するでなく、安いコーヒーを二杯も三杯もお代りして、一時間も二時間もじっとしているのだ。そうかといって、別段、ウエトレスに思召(おぼしめし)があったり、からかったりする訳ではない。まあ、下宿より何となく派手で、居心地がいいのだろう。私はその晩も、例によって、一杯の冷しコーヒーを十分もかかって飲みながら、いつもの往来に面したテーブルに陣取って、ボンヤリ窓の外を眺めていた――

    • 4 out of 5 stars
    • 割と脳科学

    • 投稿者: ceptor 日付: 2018/07/18

    価格: ¥ 1,000

    • 心理試験

    • 著者: 江戸川 乱歩
    • ナレーター: 楠木 華子, 野口 晃, 宮負 潤
    • 再生時間: 1 時間 30 分
    • 完全版
    • 総合評価
      5 out of 5 stars 8
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 8
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 8

     貧しい大学生・蕗屋清一郎は、親友の斎藤勇から、彼の下宿先の家主である老婆が部屋代の収入や金貸しで大金を貯め込んでいることを聞いた。 

    • 5 out of 5 stars
    • 面白い

    • 投稿者: 匿名 日付: 2018/08/15

    価格: ¥ 1,000

    • 火縄銃

    • 著者: 江戸川 乱歩
    • ナレーター: 大島 昭彦
    • 再生時間: 34 分
    • 完全版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    <内容紹介>

    価格: ¥ 500

    • 幽霊

    • 著者: 江戸川 乱歩
    • ナレーター: 楠木 華子
    • 再生時間: 46 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4 out of 5 stars 11
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 11
    • ストーリー
      3.5 out of 5 stars 11

    <内容紹介> 「辻堂の奴、とうとう死にましたよ」 腹心からそう言われて平田氏は少なからず驚いた。 平田氏は一代で財を成すために、随分人の恨みを買ってきた。それを気にする平田氏ではなかったが、半狂乱の辻堂老人のことだけはほとほと持て余しており、訃報を聞いて安堵したのは確かだった。 辻堂の葬式から四日目の朝、見慣れた筆跡の手紙が届いた。手紙は辻堂からで、「怨霊になってとり殺してやる」という内容だった。平田氏は一笑に付すが、何とも言えない不安に襲われて、眠れぬ日々を過ごすことになった。 そして、数か月後、平田氏の元にある会社の創立祝賀会での写真が届く。その写真には表面一杯に広がって辻堂らしき顔が大きく写っていたのだった…… <江戸川乱歩(えどがわ・らんぽ)> 日本の推理小説家。1894年10月21日生まれ、三重県生まれ。筆名は、19世紀の米国の小説家エドガー・アラン・ポーに由来する。数々の職業遍歴を経て作家デビューを果たす。本格的な推理小説と並行して『怪人二十面相』、『少年探偵団』などの少年向けの推理小説なども多数手がける。代表作は『人間椅子』、『黒蜥蜴』、『陰獣』など。1954年には乱歩の寄付を基金として、後進の推理小説作家育成のための「江戸川乱歩賞」が創設された。

    • 5 out of 5 stars
    • 霊魂になって取り殺してやる

    • 投稿者: ceptor 日付: 2018/06/24

    価格: ¥ 500

    • 著者: 江戸川 乱歩
    • ナレーター: 野口 晃
    • 再生時間: 3 時間 16 分
    • 完全版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    <内容紹介…

    • 著者: 江戸川 乱歩
    • ナレーター: 野口 晃
    • 再生時間: 3 時間 16 分
    • 配信日: 2019/02/13
    • レビューはまだありません。

    価格: ¥ 2,500

    • wisの江戸川乱歩(2)「鏡地獄」「押絵と旅する男」

    • 著者: 江戸川 乱歩
    • ナレーター: wis
    • 再生時間: 2 時間 15 分
    • 完全版
    • 総合評価
      5 out of 5 stars 2
    • ナレーション
      5 out of 5 stars 2
    • ストーリー
      5 out of 5 stars 2

    【解説】小さい頃からレンズや鏡に異常な興味を抱いていた青年は、凹凸その他様々なレンズや鏡を使い、異様な観察や実験を繰り返すようになった。断末魔で苦しむ蚤の姿、部屋いっぱいに蠢くおぞましい人間の顔。首、手、胴が空中を漂う光景・・・。彼の異様な実験癖は病的なものとなり、ある日遂に、彼の身に異常が起こるという「鏡地獄」。汽車の中で出会った不気味な風采の男が持つ押絵には、まるで生きているかのような男女が描かれている。古風な洋服姿の白髪男と、彼にしなだれかかる肉体が生気を放つ美しい娘の取り合わせ・・・・。幸せそうな女に比して、男は多くの皺の底で苦悶の相を浮かべていた。押絵を持つ男が異様な事情を語る「押絵と旅する男」。 【朗読者】wis(透明感のある声で知られる女性朗読家です)

    価格: ¥ 2,000

    • 柳家喬太郎落語集 アナザーサイドVol.1 赤いへや

    • 赤いへや
    • 著者: 江戸川 乱歩
    • ナレーター: 柳家 喬太郎
    • 再生時間: 30 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4 out of 5 stars 4
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 3
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 3

    日本ミステリー界の先駆者、江戸川乱歩の傑作短編を見事に落語化。 とある赤く彩られた一室に集まっているのは世の楽しみを知り尽くしてしまった酔狂人たち。そしてその部屋に招かれた一人の落語家が語り始めた噺に一同は眉をひそめ始める。さらに最後には・・・。 喬太郎はミステリー風味の語り口にある種の凄みを持っている。原作との衝撃のラスト違いを比べてみるのも楽しい。

    • 5 out of 5 stars
    • 何度聞いてもスゴイ

    • 投稿者: pontuyo 日付: 2018/03/14

    価格: ¥ 600

    • 人でなしの恋

    • 著者: 江戸川 乱歩
    • ナレーター: 楠木 華子
    • 再生時間: 1 時間 2 分
    • 完全版
    • 総合評価
      3.5 out of 5 stars 4
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 3
    • ストーリー
      3.5 out of 5 stars 3

     お見合い結婚で門野家に嫁いだ京子が異変に気づいたのは、結婚してから半年ほどたったときのことだった。 少しずつ、夫の愛が違う方向に向いていることに勘付いたのだ。愛の言葉の囁きはあっても、何となくうつろで機械仕掛けの声のようだった。 

    価格: ¥ 1,000

    • 日記帳

    • 著者: 江戸川 乱歩
    • ナレーター: 野口 晃
    • 再生時間: 26 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4 out of 5 stars 9
    • ナレーション
      4 out of 5 stars 9
    • ストーリー
      3.5 out of 5 stars 9

    私は病気で死んだ弟の書斎で物思いにふけっていた。残されていた日記帳のページをめくっていると、「発信欄」と印刷されたところに一人の女性の名前が出て来て驚く。それは私もよく知る北川雪枝という名前の遠縁の娘だった。
    弟は雪枝さんに恋していたのかもしれない……かと言って、日記帳の本文に雪枝さんの名前はない。わかるのは弟が雪枝さんにハガキを出した日付と、それに対して雪枝さんからの返事があったという記録だけ。
    家探しを続けると、雪枝さんからの11枚のはがきが出て来たが、内容に恋文と思しきものはない。
    しかし、日記帳の本文の中に、私は次の様な文句を見つける。 「最後の通信に対してYより絵葉書来る。失望。今になってはもう取返しがつかぬ。ああ」 Yが雪枝さんのイニシャルを指すものと察した私はその真意を知ろうとするが……

    <江戸川乱歩(えどがわ・らんぽ)>
    日本の推理小説家。1894年10月21日生まれ、三重県生まれ。筆名は、19世紀の米国の小説家エドガー・アラン・ポーに由来する。数々の職業遍歴を経て作家デビューを果たす。本格的な推理小説と並行して『怪人二十面相』、『少年探偵団』などの少年向けの推理小説なども多数手がける。代表作は『人間椅子』、『黒蜥蜴』、『陰獣』など。1954年には乱歩の寄付を基金として、後進の推理小説作家育成のための

    • 5 out of 5 stars
    • 三カ月に渡って‥

    • 投稿者: ceptor 日付: 2018/06/27

    価格: ¥ 500

    • 陰獣

    • 著者: 江戸川 乱歩
    • ナレーター: 西村 健志
    • 再生時間: 4 時間 18 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4 out of 5 stars 1
    • ナレーション
      4 out of 5 stars 1
    • ストーリー
      4 out of 5 stars 1

       探偵小説家である寒川は東京の博物館で、社長夫人の小山田静子に出会い、寒川のファンであった彼女と文通を始めるようになった。 

    • 著者: 江戸川 乱歩
    • ナレーター: 西村 健志
    • 再生時間: 4 時間 18 分
    • 配信日: 2018/10/16
    • 4 out of 5 stars 1件のカスタマーレビュー

    価格: ¥ 2,500

表示 件 / ページ
  • 1
  • 2
  • 3