最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

心理試験

著者: 江戸川 乱歩
ナレーター: 楠木 華子, 野口 晃, 宮負 潤
再生時間: 1 時間 30 分
カテゴリー: 名作文学
5 out of 5 stars (10件のカスタマーレビュー)

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

     <内容紹介>
貧しい大学生・蕗屋清一郎は、親友の斎藤勇から、彼の下宿先の家主である老婆が部屋代の収入や金貸しで大金を貯め込んでいることを聞いた。老い先短い老婆より、まだ若くて未来のある自分がその大金を使った方が極めて合理的だ……そう考えた蕗屋は、老婆を殺して金を奪う計画を立て、如何に自分に嫌疑が掛けられぬよう実行するかを熟考し、遂に実行に移した。 その後、老婆殺害の疑いで斎藤が勾引された。彼は老婆の遺体を見つけた後、大金を隠していた植木鉢から金の包みを奪って、腹巻に入れて寝ていたのだ。蕗屋も容疑者として取り調べを受けたが、笠森判事の心理テストに完璧な対策をして嫌疑を逃れかかる。だが、名探偵・明智小五郎はその余りにも完璧すぎる結果に疑いの目を向けるのだった……
 

    <江戸川乱歩(えどがわ・らんぽ)>
日本の推理小説家。1894年10月21日生まれ、三重県生まれ。筆名は、19世紀の米国の小説家エドガー・アラン・ポーに由来する。数々の職業遍歴を経て作家デビューを果たす。本格的な推理小説と並行して『怪人二十面相』、『少年探偵団』などの少年向けの推理小説なども多数手がける。代表作は『人間椅子』、『黒蜥蜴』、『陰獣』など。1954年には乱歩の寄付を基金として、後進の推理小説作家育成のための「江戸川乱歩賞」が創設された。    

©2018 Pan Rolling

カスタマーレビュー

総合評価

  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    8
  • 星4つ
    2
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ナレーション

  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    6
  • 星4つ
    3
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ストーリー

  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    7
  • 星4つ
    3
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

並べ替え:
絞り込み:
  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • 匿名
  • 2018/08/15

面白い

はじめてのほん、ほんいちともいわれる、あと、333

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    3 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • nori
  • 2018/08/02

明智の話終わった時のブレス音が耳につく

さすが江戸川乱歩!内容は素晴らしいです。

しかし明智小五郎のセリフ後の息を吸うブレス音が大きく聞こえて耳につきます。
知的な人物像が崩れて ちょっと下品に聞こえます。

内容が素晴らしいだけに残念です。