検索キーワード:"太宰治"

カテゴリー

すべてのカテゴリー

検索結果:13件
並べ替え:
    • wisの太宰治01「人間失格」「日の出前」他2編

    • 著者: 太宰 治
    • ナレーター: wis
    • 再生時間: 8 時間 16 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 4
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 4
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 4

    【解説】 「人間失格」は、「恥の多い生涯を送って来ました。」という告白で始まる人間を恐れる男の手記。子どもの頃から、人間を恐れる一方で求愛するがために、道化となり人を笑わせる。長じて、女性に好かれる天性があることを悟り、女道楽に耽り心中未遂も起こす。実家から縁を切られた「私」は、編集者の女との同棲、荒れた飲酒などの日々の後、人を疑うことを知らない処女のヨシ子に惹かれて結婚。しかし、彼女が出入りの商人に汚され、「私」は荒れて薬物中毒となり、遂に脳病院に入れられてしまった。人間失格・・・。しかし、それでも、ある女性は彼のことを、「とても素直で気がきいて、神様みたいないい子でした。」と語るのだった。 「日の出前」は、実際にあった殺人事件をもとに書かれた小説で、昭和十七年に「花火」という題名で発表されたが、検閲で全文削除された。戦後に改題して刊行。高名な画家の息子が、非行に走り凶暴化していく。チベットで事業をやるなどと非現実的なことをいい、金や妹の着物、親の作品を持ちだして売り払う、家族を脅し、女中を犯す、無頼の作家や左翼の活動家とつきあう。一家は疲弊しきった。そんなある月夜の晩、泥酔した息子と一緒に、井の頭公園でボートに乗った父親が、一人だけで岸に戻ってきた…。最後の妹の言葉が衝撃的である。 ...

    価格: ¥ 3,000

    • 太宰治短編傑作集

    • 著者: 太宰 治
    • ナレーター: 佐々木 健
    • 再生時間: 2 時間 7 分
    • 完全版
    • 総合評価
      5 out of 5 stars 2
    • ナレーション
      5 out of 5 stars 2
    • ストーリー
      5 out of 5 stars 2

    太宰が、思うところを思うままに(ときにユーモアを交え)綴った随筆を音声化しました。小説版とは一味違った太宰の魅力に触れてみてください。今まで知らなかった“太宰”がお楽しみいただけます!※本オーディオ商品は、無断で複製・転載・公衆配信できる状態にすることは法律により禁じられております。 制作・著作パンローリング株式会社

    価格: ¥ 2,000

    • 太宰治

    • 著者: 吉本 隆明
    • ナレーター: 吉本 隆明
    • 再生時間: 3 時間 17 分
    • オリジナル版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    ※可能な限り音質向上を試みましたが、本作には聴きづらい箇所がございます。音源の歴史的価値を考慮して配信しておりますこと、予めご了承ください。

    恒例となった「近代文学館・夏の文学教室」での講演。 講演日:1993年7月28日 主催:日本近代文学館 後援・読売新聞社 場所:有楽町・よみうりホール 収載書誌:コスモの本『愛する作家たち』(1994年)

    (毎月第4水曜配信予定、全183巻)

    価格: ¥ 500

    • シンポジウム・太宰治論

    • 著者: 吉本 隆明
    • ナレーター: 吉本 隆明
    • 再生時間: 6 時間 23 分
    • オリジナル版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    ※可能な限り音質向上を試みましたが、本作には聴きづらい箇所がございます。音源の歴史的価値を考慮して配信しておりますこと、予めご了承ください。

    第1部は吉本隆明の講演、 第2部は聴講者との討議。 講演日時:1988年5月14日 主催:弘前大学教育学部 近代文学研究会 後援:弘前大学生協/東奥日報社/RAB青森放送/大和書房 場所:第1部・弘前大学教養部17番教室/第2部・スペース・デネガ 収載書誌:大和書房『吉本隆明「太宰治」を語る──シンポジウム津軽・弘前'88の記録』(1988年)

    (毎月第4水曜配信予定、全183巻)

    価格: ¥ 500

    • wisの太宰治(3)「女生徒」「美少女」他3編

    • 著者: 太宰 治
    • ナレーター: wis
    • 再生時間: 4 時間 40 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 4
    • ナレーション
      4 out of 5 stars 4
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 4

    【解説】 太宰治の名作シリーズの第3として、5編を収録。 若い一人称独白小説のスタイル確立の先がけとなった「女生徒」。若い女子学生の感覚、心理、生理を その細かい襞まで描いている。 甲府盆地の猛烈な暑さによる汗疹を治す妻に誘われ、太宰は温浴場に出かけた先で出会った「美少女」。縁遠かった主人公が、小卒で離婚歴のある図案工と結婚し仲睦まじく暮らしていたが、吹き出物がポツっとできたことをきっかけに広がる不安と嫉妬を巧みに描く「皮膚と心」。 大学教授の娘の「私」が、小説家戸田さんの作品を現実のもとと勘違いして押しかけ大恥をかく抱腹絶倒の「恥」。若松屋の女中・トシちゃんは、しったかぶりの文学好きだが、粗相をし馬鹿にされていたが、その粗相の背後に、ある事情があったことが最後にわかる「眉山」。 【朗読】wis ※透明感と落ち着きのある声で親しまれている女性朗読家です。

    価格: ¥ 2,500

    • 田中真弓:朗読「人間失格」(太宰治)

    • 著者: 太宰治
    • ナレーター: 田中真弓
    • 再生時間: 8 分
    • 完全版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    様々な分野で活躍するタレントや声優が名作文学のハイライトシーンを朗読します。 NHKラジオ第1「きらり10代!名作を読もう」で放送され、好評を得た作品がオーディオブックに登場! 朗読は田中真弓さん。主な出演作:アニメ「DRAGON BALL(クリリン)」、「忍たま乱太郎(きり丸)」ほか

    価格: ¥ 200

    • 富嶽百景

    • 著者: 太宰 治
    • ナレーター: 杉村 理加
    • 再生時間: 55 分
    • 完全版
    • 総合評価
      5 out of 5 stars 1
    • ナレーション
      5 out of 5 stars 1
    • ストーリー
      5 out of 5 stars 1

    「無頼派」「新戯作派」の破滅型作家を代表する昭和初期の小説家、太宰治による代表作のひとつ。 

    初出は「文化」[1939(昭和14)年]。

    東京での生活に傷ついた「私」が井伏氏の待つ富士山麓へと行くという物語。「私」はあまりにも俗な富士に辟易しながらも、そこでの人々との交流を通して少しづつ心を開いていく。井伏鱒二の勧めで御坂峠の天下茶屋に行ったことや石原美知子と見合いをしたことなど、太宰が1938年に実体験した出来事が素材となった作品。

    価格: ¥ 500

    • 新潮読書クラブ 第七回 太宰治『人間失格』 

    • 著者: 穂村 弘, 瀧井 朝世
    • ナレーター: 穂村 弘, 瀧井 朝世
    • 再生時間: 1 時間 39 分
    • オリジナル版
    • 総合評価
      4 out of 5 stars 4
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 4
    • ストーリー
      4 out of 5 stars 4

    新潮社のオフィシャル読書会で、名作を一緒に読みませんか?  現代文学の珠玉の名作や話題の海外文学、なかなか読む機会のなかった古典まで―—。新潮社の倉庫をリニューアルしたレクチャースペース〈soko〉では、毎回バラエティ豊かな新潮社の棚の中から課題図書を選び、その本の愛読者であるゲストをお呼びして公開読書会を開催しています。あなたもaudibleで参加してみませんか? 第七回の課題図書は、太宰治の『人間失格』(新潮文庫)を取り上げます。本作は、あの有名な「恥の多い生涯を送って来ました」から始まる、“本当の自分を誰にもさらけ出す事の出来ない男の人生”を描いた太宰の代表作。新潮文庫では累計600万部を超え、夏目漱石の『こころ』と並ぶベストセラーとしても知られています。 今回のゲストは、『人間失格』の「自分には、人間の生活というものが、見当つかないのです」という主人公の叫びにびびりながら共感してしまうという穂村弘さん。この作品を読んだ時、「生き延びる」ことを共通目的とする世界の網の目から零れてしまう恐怖、同時に零れてしまった「もうひとつの世界」にしかない「生きている意味」を、穂村さんは感じたと言います。...

    • 5 out of 5 stars
    • 読んだことなかったけど

    • 投稿者: 島田 明日美 日付: 2018/08/01

    価格: ¥ 1,000

    • 山口勝平:朗読「走れメロス」(太宰治)

    • 著者: 太宰治
    • ナレーター: 山口勝平
    • 再生時間: 8 分
    • 完全版
    • 総合評価
      2.5 out of 5 stars 3
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 2
    • ストーリー
      3 out of 5 stars 2

    様々な分野で活躍するタレントや声優が名作文学のハイライトシーンを朗読します。 NHKラジオ第1「きらり10代!名作を読もう」で放送され、好評を得た作品がオーディオブックに登場! 朗読は山口勝平さん。主な出演作:アニメ「らんま1/2(早乙女乱馬)」、「犬夜叉(犬夜叉)」 ほか

    • 5 out of 5 stars
    • まさかのかっぺーさん

    • 投稿者: ひなりさ@すま留 日付: 2019/04/06

    価格: ¥ 200

    • 太宰治と森鴎外-文芸雑話

    • 著者: 吉本 隆明
    • ナレーター: 吉本 隆明
    • 再生時間: 2 時間 2 分
    • オリジナル版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    ※可能な限り音質向上を試みましたが、本作には聴きづらい箇所がございます。音源の歴史的価値を考慮して配信しておりますこと、予めご了承ください。

    予定時間を30分オーバーするほど熱のこもった講演。
    講演日:1975年7月18日
    主催:文京区立鷗外記念本郷図書館
    場所:文京区立鷗外記念本郷図書館
    収載書誌:弓立社『吉本隆明全講演ライブ集 第10巻』(2005年)

    (毎月第4水曜配信予定、全183巻)

    価格: ¥ 500

    • wisの太宰治02「ヴィヨンの妻」「葉桜と魔笛」他6編

    • 著者: 太宰 治
    • ナレーター: wis
    • 再生時間: 4 時間 52 分
    • 完全版
    • 総合評価
      5 out of 5 stars 2
    • ナレーション
      5 out of 5 stars 2
    • ストーリー
      5 out of 5 stars 2

    【解説】 太宰治の名作シリーズの第2として、8編を収録。 「ヴィヨンの妻」は破滅型の夫と彼を支える妻を巡る世界のえも言われぬおかしみと哀しさを醸し出す太宰晩年の短編の傑作。酔った夫が、店の金を盗んだことをきっかけに妻は夫婦の店で働き始める。 椿屋の「さっちゃん」として、店は賑わいをみせていくが・・・。「桜桃」は、 有名な「子供より親が大事、と思いたい。」で始まる。太宰自殺直前の遺作で、これにちなんで、桜桃忌が6月19日に開かれる。葉桜のころになるときっと想い出す若くして結核で死んだ妹のことを回想する「葉桜と魔笛」。「お別れ致します。あなたは嘘ばかりついていました」…両親の反対を押し切って、金や名誉には無関心に見えた若手画家に嫁いだものの、日に日に俗物化していく夫に幻滅し、遂に別れる決心をするに至る「きりぎりす」。夫の肺の療養で禁欲を余儀なくされてきた奥様が、医者からお許しが出た喜びを描く「満願」。万引きして捕まった少女が、自分中心の論理で懸命に言い募り、最後は両親との小さな団欒に幸せを見出す「燈籠」。 他に、「フォスフォレッセンス」「鴎」の佳作2編を収録。 【朗読】wis ※透明感と落ち着きのある声で親しまれている女性朗読家です。

    価格: ¥ 2,500

    • wisの太宰治04「津軽(抄)」「雪の夜の話」他3編

    • 著者: 太宰 治
    • ナレーター: wis
    • 再生時間: 3 時間 10 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 3
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 3
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 3

    【解説】 「津軽」は、太宰の故郷訪問記。ある年(注:昭和19年)の春、私は、生まれ故郷の金木のある津軽半島を三週間かけて訪問した。蟹田での中学時代の唯一の友人N君からの歓待、T君とその友人らと観瀾山に登っての志賀直哉談義、Sさんのお家に招かれての疾風怒濤のような津軽らしい歓待ぶり、竜飛崎の凄愴な光景と巡ったのち、生家にたどり着く。長兄、次兄らとの対面には気疲れするが、嫂、姪、祖母らと再会できた。そしていよいよ、幼少の頃、子守として育ててくれたたけとの再会のために深浦に向かう。30年ぶりに念願の再会を果たし、私はたけの子だと改めてつくづく思うのであった(なお、朗読テキストは、響林社のサイトにてダウンロードできます(無料)。 変人で無精者の小説家の兄、妊娠している嫂と3人暮らしの「私」の家での、深々と雪が降る夜の他愛もないがほのぼのとした「雪の夜の話」。...

    価格: ¥ 2,500

    • wisの田中英光「離魂」―太宰治との日々

    • 著者: 田中 英光
    • ナレーター: wis
    • 再生時間: 1 時間 14 分
    • 完全版
    • 総合評価
      3 out of 5 stars 1
    • ナレーション
      4 out of 5 stars 1
    • ストーリー
      3 out of 5 stars 1

    【解説】田中英光は、「オリンポスの果実」で知られるが、太宰治、坂口安吾らとともに無頼派作家に名を連ねる。太宰に弟子入りし、その死に衝撃を受け催眠剤中毒が悪化、太宰の墓前で後追い自殺をした。坂口は、”太宰も田中も半獣神で半貴族で、その壁にぶつかって自滅したようなものである”と書いている――。 『離魂』は「忘れかけた名品」と評されている。36歳にして初めて肉体の恋を知った「私」が、若い愛人との情欲におぼれ、強力催眠剤と酒とで泥酔して狼藉を働き、女の多淫多情に嫉妬し、女に翻弄され金を巻き上げられるなどの無頼な日々が描かれている。 自殺1年前の太宰(文中「津島治」)の仕事部屋を女連れで訪ねた「私」は、一緒に死んだT子さんらと始まった酒盛りと太宰のお道化ぶり、そこに、太宰が死に憩を願い求めていた気持ちを重ねるように書いている。そして、太宰の死を機に、「私」の日々はさらに無頼なものになっていく・・・。ちくま文庫『短篇礼讃』(大川渉編)所収。 (C)wis 【朗読】wis(透明感のある声で知られる女性朗読家)

    価格: ¥ 1,000