最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

悪意は拡散する――。衝撃の結末が待ち受ける、『告白』以来の学校ミステリ!

この作品を書けたことで、小説家として次のステージに一歩進むことができました。
――湊かなえ

県下有数の公立進学校・橘第一高校の入試前日。新任教師・春山杏子は教室の黒板に「入試をぶっつぶす!」と書かれた貼り紙を見つける。迎えた入試当日。試験内容がネット掲示板に次々と実況中継されていく。遅れる学校側の対応、保護者からの糾弾、受験生たちの疑心。杏子たち教員が事件解明のため奔走するが……。誰が嘘をついているのか? 入試にかかわる全員が容疑者? 人間の本性をえぐり出した、湊ミステリの真骨頂!
©Kanae Minato 2013,2016 (P)- KADOKAWA

同じ著者・ナレーターの作品

高校入試に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    13
  • 星4つ
    5
  • 星3つ
    2
  • 星2つ
    2
  • 星1つ
    1
ナレーション
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    13
  • 星4つ
    2
  • 星3つ
    3
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    0
ストーリー
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    10
  • 星4つ
    7
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

並べ替え:
絞り込み:
  • 総合評価
    2 out of 5 stars
  • ナレーション
    3 out of 5 stars
  • ストーリー
    4 out of 5 stars
  • ぬんさん
  • 2019/09/10

群像劇の構成が読み上げに向いていない

 上記のとおりです。ナレーションも悪くありません。ストーリーもいいです。しかし、総合すると評価は2です。そもそもこの本の構成がオーディオブルに向いていません。  本作は複数のキャラクターの視点を数ページごとに切り替える構成で作られているのですが、読み上げてもらっているうちに、「あれ?今、誰視点だっけ?」となることが多々あります。本であれば目線を動かせば名前を確認できますが、オーディオブルではそうはいきません。また、本において視点子切り替わりは、「タイトル (改行)時間 (改行)(改行)キャラクター名前」という形で表現されています。そのため、ナレーションがタイトルと時間を読んだ後にたっぷりと間を取ります」(これはおそらく「改行は1秒開けて下さい」という指示があったためと思われます)妙な肩透かしを食らう気分になります。  本も面白く、声優さんも悪くありませんが、オーディオブルとして手に取るのは、あまりおすすめしません。

  • 総合評価
    2 out of 5 stars
  • ナレーション
    2 out of 5 stars
  • ストーリー
    2 out of 5 stars
  • ねこ
  • 2019/09/13

ナレーターが残念

湊かなえさんの作品は、一人称が多いので、ナレーターさんの力量が問われます。多彩な人物の読み分けが出来ないのであれば、チャレンジするべきではありません。力量のあるナレーターさんが読めば、とても魅力的な作品になったと思うだけに、非常に残念です。

  • 総合評価
    4 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    4 out of 5 stars
  • snoopyio
  • 2019/08/03

やや登場人物多し

流石の展開力、ストーリー構成、意外性です。 映画なら見応えがありそうですが、オーディオブックにしては登場人物が若干多め。数人以外は個性が分かりづらく、そこは残念でした。

  • 総合評価
    3 out of 5 stars
  • ナレーション
    3 out of 5 stars
  • ストーリー
    3 out of 5 stars
  • 星長春
  • 2020/07/29

登場人物のリストでを眺めながら聴き進めたい

登場人物がそれぞれ独白していく、という舞台進行は新鮮だが、Audibleでは誰が喋っているのか頭の整理が追いつかず。登場人物のリストでも眺めながら聴き進めた方が良かったかも。ナレーションは可もなく不可もなく。