最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

『君主論』―それは西洋の『孫子の兵法』とも呼ばれる、リーダーのための教科書である。中世イタリアの官僚ニッコロ・マキャベリが、自らの経験を基に「成功する組織の作り方」「統治の技術」「人間の本質」などについて著した。本書はその『君主論』を現代のビジネスマンが読んでも分り易いように「原文の意味に最も近く、最も理解しやすい」現代語に訳した。リーダーシップは先天的な素質ではなく、訓練して身に付けるものである。ぜひ本書を聴いて「人を思いのままに動かす方法」を会得して欲しい。
(C)2011 Hur Sung Joon.

超訳君主論に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    22
  • 星4つ
    13
  • 星3つ
    2
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    1
ナレーション
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    15
  • 星4つ
    7
  • 星3つ
    4
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    1
ストーリー
  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    14
  • 星4つ
    6
  • 星3つ
    3
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    2

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

並べ替え:
絞り込み:
  • 総合評価
    2 out of 5 stars
  • ナレーション
    3 out of 5 stars
  • ストーリー
    1 out of 5 stars
  • Amazon カスタマー
  • 2020/09/13

解説はいらない

翻訳、超訳はいいけど解説はいらなかった 現代に合わせてわかりやすく、ということだが そこは読み手が自分の頭で構築すべきで、マキャベリズムを変に解体しなくてよい