最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

江戸時代末期、大川の端の旅籠「かわせみ」を舞台にした人情捕物帖。—東吾は、兄・通之進の名代として、旗本・青江但馬の別宅、根岸の「白萩屋敷」に出かける。そこで面会した、通之進の旧知でもあるという但馬の御後室。萩の精のような佇まいのその頬には・・ シリーズ屈指の人気のうつくしい一篇です
(c)ことのは出版株式会社

白萩屋敷の月 (御宿かわせみより)に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    3
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ナレーション
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    2
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ストーリー
  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    3
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。